fbpx

止まらない円高で株価はどうなる?「安倍政権の終わりは株高の終わり」=長谷川雅一

「株式会社を作れば儲かる」という発想の間違い

ここへ来て、アメリカの継続的な利上げが難しくなり、日本やEUなどの金融緩和も効果がなくなってきました。

そんな中で開催されたG20の結論は、「財政出動でも何でもして、経済を支えろ」というものでした。ただ、何をやっても、根本的な経済のシステムが「まずい」限り、その効果は限定的でしょう。

日本については、少子高齢化、それにともなう諸問題、財政赤字、政治の腐敗、行政のムダなどの問題が山積です。

こうしたマイナス要素を、金融緩和や財政出動でなんとかしようとしても無理です。

僕は、起業家育成のアドバイザーもやっていますが、起業を志す人の中に、ときどき、「株式会社を作って、立派なオフィスを構え、ベンツに乗れば儲かる」と、本気で考えている人がいることに驚くのですが、今の政府のやっていることも同じようなもの。

形だけ「それらしく」して、本質的な努力がされていないわけですから、結果は出ないのです。

上値が重い相場が続いたあと株式市場はクラッシュ(暴落)する

たかだか政府の資金の投入程度では、短期的に株価をつり上げることはできても、長期にわたって株価を高値で安定させることはできません。

また政府の手の内が、あからさまなのも問題です。トレーダー達は、

安倍が買うんなら高く売っておけ。買いの手がゆるんだところで全力で売れば、暴落で大儲けできるぞ

という、アベノミクスに乗じるシナリオを描くかもしれません。

僕は、日本株は、このあとも「上値が重い」状況が続いたあと、安倍政権の終わりとともに、あるいは、それより先にクラッシュ(暴落)するのではないか、と考えています。

【関連】第2の矢「機動的な財政出動」が次の動意を生むか?中間反騰の天井は=山崎和邦

【関連】2016年「アベノミクス官製相場」の仕掛けと対策 問題は7月参院選後=吉田繁治

【関連】「4月追加緩和」のプレゼントで、日銀は市場を口説き落とせるか?=武田甲州

1 2 3

長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2016/3/19号より一部抜粋
※記事タイトル・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

長谷川雅一のハッピーライフマガジン

[無料 ほぼ平日刊]
リアルタイム投資情報サービス「LiveSignal24(ライブシグナルにじゅうよん)」の発行者、長谷川雅一がお届けするメルマガです。投資(株/FX)、マネー、政治、経済、趣味、衣、食、住、遊、ライフスタイルなど、あなたがハッピーライフを築くヒントをお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー