fbpx

新規上場したワシントンホテルは、顧客の見えない不満を解消してさらに成長できるのか

ワシントンホテル<4691>は、10月18日東証2部、名証2部に新規上場しました。同社の株価は、公募価格1,310円に対して初値は+11.60%の1,462円をつけました。(イノベーションの理論でみる業界の変化

本記事は『イノベーションの理論でみる業界の変化』2019年11月26日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山ちゃん
東京でシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして大企業の情報システム構築に携わったあと、故郷にUターンし、現在はフリーで活動。その後、クリステンセン教授の一連の名著『イノベーションのジレンマ』『イノベーションへの解』『イノベーションの最終解』を読んで衝撃をうけ、イノベーションをライフワークとしている。

初値は公募価格から11.60%上昇し、1,462円でスタート

ワシントンホテルをジョブ理論の視点からみる

ワシントンホテル株式会社<4691>(以下、同社)は、2019年10月18日東証2部、名証2部に新規上場しました。業務内容は、ホテル事業の運営およびゴルフ場のクラブハウス内にあるレストランの運営受託です。

同社の株価は、公募価格1,310円に対して初値は1,462円をつけました。差異率は+11.60%。なお、11月25日時点の株価は1,383円です。

クレイトン・M・クリステンセン他『ジョブ理論』(ハーパーコリンズ・ジャパン)によれば、この理論はクリステンセン教授たちが長年の歳月を費やして練り上げたもので、次の新しい機会を見つける方法を示し成長のための筋道を明らかにするだけでなく、イノベーションを予測可能にし、その効果は、アマゾンのジェフ・ベゾスらによっても確認されているといいます。

では、このレンズを通して同社のビジネスモデルを眺めると何がみえてくるのでしょうか。これはまたある意味において、イノベーションを生み出すための「思考実験」だともいえます。

ビジネスモデルの特徴

同社グループは、次の3つのホテル・ブランドを有しています。

(1)ワシントンホテルプラザ
「ワシントンホテルプラザ」は1969年の1号店開業以来、50年の歴史があり、高度経済成長の時代の中、低料金で安全に泊まることができるスタイルがビジネスパーソンに支持をされ出店を伸ばしてまいりました。ビジネスホテルのチェーンとして、全国の多くのビジネスパーソンに認知していただいております。主要駅もしくは繁華街に近い「立地」と、老舗としての「安心感」が評価されており、部屋タイプは、シングル、ツイン、ダブルと各種タイプの部屋を保有しております。また、一部のワシントンホテルプラザには飲食店や宴会場を併設し、幅広い顧客ニーズに対応しております。利便性の高いビジネス・観光の拠点となるよう直営18ホテルをチェーン展開しております。

(2)R&Bホテル
「R&Bホテル」は宿泊特化型ホテルとして首都圏を中心に、全国で直営23ホテルのチェーン展開を行っております。毎朝、スタッフが焼き上げるあつあつの焼きたてパン、挽きたてのコーヒー、ジュース、スープ、味付けゆで玉子を無料で提供することで、付加価値の向上を目指しております。また、スタッフの95%以上が女性であり、細やかな配慮で、少しでもお客様のお役に立てるよう親切な応対を心がけており、女性のお客様でも安心してお泊りいただけます。

客室はR&Bホテル八王子の16室のツインを除いて他はすべてシングルであります。さらに、チェックインの工程を細分化し、宿泊台帳記入や金銭授受には従業員の人手を介さず、宿泊台帳記入は館内の案内表示にてお客様を誘導することで対応し、金銭授受は自動精算機を導入して対応するなど少人数オペレーションを徹底し、業務効率を上げることでリーズナブルな価格での提供が可能となっております。

(3)名古屋国際ホテル
「名古屋国際ホテル」は、1964年に名古屋初の本格的都市型ホテルとして開業した、歴史と伝統ある老舗ホテルであり、飲食店舗と宴会場を付帯して運営しております。名古屋市の繁華街である栄の中心に位置し、立地の良さでビジネスをはじめ、観光客からも支持されております。

同社グループは、ビジネス客・観光客・スポーツ遠征客等の一般顧客に対し、客室等サービス、料理・飲食・会場等サービスを提供し、その対価として収益を得ます。

ビジネスモデル的にみれば、同社グループのそれは、未完成または不完全な事物を高付加価値の完成品──客室・料理・飲食・会場等サービス──へと変換する価値付加プロセス型事業です。

同社グループは経営方針の一つとして「顧客満足度の向上」を、事業等のリスクとして「経済、金融動向に伴うリスク」「競合他社の出店、競争過熱に伴うリスク」「事業遂行上のリスク」等をあげています。

Next: ワシントンホテルが今後、成長するために取り組むべき課題とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい