fbpx

上海市場の押し目で輝く、世界経済成長の中核となる5G銘柄が魅力なワケ=田代尚機

11月22日現在、2019年の上海総合指数は年間変動幅を100とすると、高い方から48%下げたあたり。一方で、5Gセクター指数をみると、37%下げたあたりです。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

全体相場に引っ張られて下落する、5G銘柄の押し目に注目

5G時代の幕開けとともに、AI、IoT、自動運転など新しい技術が急速に発展

11月22日現在、2019年における上海総合指数の最安値は1月4日の場中で記録した2,440.91ポイントである。その後、米中貿易戦争の緩和、前年下げすぎた反動などから急上昇、4月8日の場中で3,288.45ポイントの高値を記録した。しかし、トランプ大統領が突如として、4月、8月の2度に渡り、追加関税措置の拡大、強化などを行ったことなどから株価は低迷、11月22日の終値は2,885.29ポイントで引けている。年間変動幅を100とすると、高い方から48%下げたあたりにある。

一方、5Gセクター指数(同花順、関連する213銘柄で構成)をみると、最安値は1月4日の場中で記録した1,627.57ポイントだが、最高値は9月24日の場中で記録した2,578.30ポイントである。高値の時期が上海総合指数よりも新しい。11月22日の終値は2,228.31ポイントであり、年間変動幅の高い方から37%下げたあたりである。

ちなみに、11月22日現在の年間上昇率を比べると、5Gセクター指数は32.5%であるのに対して、上海総合指数は15.7%、深セン総合指数は26.8%である。

今後、5G時代の幕開けとともに、AI、IoT、自動運転をはじめ新しい技術が急速に発展するとみられる。5Gは中長期成長銘柄の中核をなすセクターである。また、足元でセクター指数が下落しているのは相場全体が弱いからであり、長期投資の観点からすればこの下げは、買いのチャンスであろう。

5Gに関する技術では、チップ、モジュール、最終製品に至るまで部品、設備に関しては既に完成の域に達している。後は、キャリアによるネットワーク建設を待つばかりであるが11月1日、遂に5Gの商業サービスが正式に始まった。

最初は、一線都市、新一線都市、二線都市など規模の大きな50都市に限定してサービスが開始されるが、2020年にはサービス範囲が340以上の都市に広げられる。そうなれば、世界最大の5Gネットワークとなる。

4Gが始まった当時、対応するチップメーカーは僅か3社であったが、5G開始時点では40社を超えるメーカーが対応製品を出すと発表している。

Next: 5Gが普及してくると、日常にはどんな変化が起こってくるのか

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい