fbpx

日経225の行方が予想できない時ほど大きな儲けになることも…オプション取引の爆発力=堀川秀樹

上に行くのか下にいくのか、ハッキリしない相場です。今回はそんなときにオプション取引では、どのようにポジションを組んでいくかについてお話ししましょう。(『億の近道』堀川秀樹)

プロフィール:堀川秀樹(ほりかわ ひでき)
フェアラインパートナーズ(株)代表取締役。日興証券にて個人営業から、デリバティブ開発課にて225、TOPIX型裁定取引、国内外の先物売買モデルの開発・運用に従事。投資工学研究所ではダブルα戦略、スタイルインデックスの開発等を行う。日興退社後は兜町のディーラーを経て、ひまわり証券にてシステムトレードの開発、225先物&オプション取引の啓蒙活動に尽力。同社の投資顧問事業をゼロから立ち上げる。日本の個人投資家に「225先物取引」「225オプション取引」「システムトレード」を普及させたことから業界で「Mr.デリバティブ」と呼ばれる。11年7月フェアラインパートナーズ株式会社代表取締役に就任。東京MXTV STOCKVOICE「ワールドマーケッツ」ラジオNIKKEI「レバレッジ・ヴィレッジ」出演中。

【関連】わずか数日で大儲けも?未体験者に知ってほしい日経225オプションの魅力と基本知識=堀川秀樹

コールオプションとプットオプションの仕組みを解説

日経平均の上昇を狙うコールオプションの仕組み

投資家の皆さん、こんにちは!Mr.デリバティブこと堀川です。今回はオプション取引にまつわる面白いお話をしたいと思っています。

さて、2日新甫で始まった12月相場ですが、トランプ砲がいきなり発射され、日経平均先物は2万3,000円を割り込み2万2,900円まで下落しましたが、翌日に「トランプ大統領の思いつき発言に過ぎない」との楽観的報道も出て、再び日経平均は2万3,500円を回復する場面がありました。

注目の12月15日に新たな関税は発動されないとの楽観的な見通しが大勢で、米国市場では史上最高値水準での攻防が続いていますね。米中協議の行方がどのような結果になるのかはトランプ大統領の考え次第と、先行きの見通しが立たない状況ですが、このビッグイベントを通過すると市場の方向性が見えてくるかも知れません。

上に行くのか、下にいくのか、ハッキリしない相場ですが、投資家それぞれが見通しをお持ちでしょう。

そんなときにオプション取引では、どのようにポジションを組んでいくかについて、今回は簡単にお話ししましょう。

前回お話ししたように、まず第一にオプション取引では期限を投資家自らが選んで投資することが可能なのです。

12/15は、12月SQ算出日である12/13よりも後になります。従って投資の対象は2020年1月限(がつぎり)以降のオプションを投資対象にすることになります。

強気の投資家であれば、現在の日経平均の水準が2万3,500円近辺でありますから、それよりも上昇すると見込んで、500円上の2万4,000円(130円)、1,000円上の2万4,500円(43円)、あるいはもっと強気に2万5,000円(12円)のコールオプションを買うことになります。

投資金額はそれぞれ、13万円、4.3万円、1.2万円になります。

コールオプションの買いは、1月限のコールオプションであれば、1/10のSQまでに日経平均が上昇して投資家が選んだ権利行使価格に近づけば上昇することになります。

仮に強気予想が的中し、1,000円日経平均が上昇したとすると、大まかなコールオプションの予想価格ですが、2万4,000コールは130円→595円、2万4,500コールは43円→315円、2万5,000円コールは12円→135円まで上昇すると考えられます。

安いコールオプションほど、上昇率が大きくなります。

Next: 日経平均が下がると思っている場合には、どうしたらいい?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー