fbpx

衆参ダブル選挙は7月10日で決まりだ~ついに放たれる3発の“実弾”=山崎和邦

3.策師・黒田総裁の大胆な金融政策

3つ目の弾は、今までアベノミクスの中心だった「第1の矢・大胆な金融政策」だ。これとて終わったわけではない。

12月18日の黒田発言は日経平均5千円安(19,800円~2月12日の14,862円)の引き金を作ってしまったし、1月の「マイナス金利導入」は混乱を招き、事後に賛否の諸説が出回った。だが、策師黒田総裁の“灰色の脳細胞”は枯渇したわけではない。

しかも、今後の日銀金融政策決定会合は先週号で述べたとおり「6対3」で決められる。彼は「いつでも抜くぞ」と刀の柄に手をかけて売り方を睨んでいる。

各局面の指数化による日柄・調整の比較

各局面の指数化による日柄・調整の比較

この3つの弾をそろえて7月10日を迎えるつもりであろう。しかも第1の弾(財政出動)と第2の弾(消費増税延期)は目に見えるかたちで出る。

現に16日開催の「国際金融経済分析会合」では、消費増税反対の自説を説くことを期待して、ノーベル賞受賞学者で「今の時期に日本は消費増税をやるべきでない」とするスティグリッツ博士とクルーグマン博士を呼んだ。これが世論を作るためなのはミエミエである。

自民党は、自分で呼んだ憲法学者にテレビカメラの前で「違憲だ」と言われて慌てたから、今回は学者を選びに選んだだろう。

【関連】3人の“黒船”が演出する「アベノミクス第3幕」 再び白羽の矢が立つ日本株式市場

【関連】アベノミクス相場崩壊、3つの予測シナリオ~日経1万円割れ、1ドル90円も

【関連】今年の相場を左右する!「3月末権利落ち日のアノマリー」

1 2 3

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2016年3月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい