fbpx

「内定辞退セット」NG?学生だけに配慮求めるオワハラ企業は「そんなに偉いの?」

内定辞退の手紙が簡単に書ける「内定辞退セット」(日本法令)が、就活生に人気だという。売り手市場で学生1人が複数社の内定をもらうことが珍しくなくなった今、学生が企業に内定辞退を伝える方法に頭を抱えているからだ。NHK では、2社以上の企業から内定をもらった学生が全体の68.5%もいると伝えている。

「お断り」の連絡をするのは社会人でも気が重いことだが、ビジネスマナーを守り、企業に失礼のないように…と配慮しながら辞退の連絡をすることは、社会人経験のない学生にとっては特に難しいことだろう。

昨今では、優秀な学生を採用したい企業が、内定を出した就活生に他社の選考を辞退するよう強制する「就活終われハラスメント」(通称「オワハラ」)も横行しているという。

直接的なアプローチはなくとも、豪華な食事やイベントに招待して恩を売ったり、内定後のインターンで就活時間を作らせないようにしたりする「囲い込み」も行われているようだ。

そうした状況の中で、電話慣れしていないSNS世代の大学生が直接辞退の意を伝えることのハードルの高さもわかる気がする。

「内定辞退セット」は、就活生がせっかく内定を出してくれた企業に失礼なく辞退の連絡ができるようにと開発されたレターセットだ。内定辞退を伝えるための便箋や封筒のみならず、記入例もセットになっている。また、「まず内定を辞退したいという手紙を送った上で、担当者に電話をかけるのが望ましい」として、電話での会話例やメール文例を解説した動画も公開している。

企業のオワハラ、囲い込み、学生と企業とのコミュニケーション手法のギャップなど、今の時代を象徴するようなツールだが、ネット上では様々な声が上がっている。「自分の言葉で辞退連絡できないのか」「ツールに頼るなんて情けない」「企業に直接出向いて辞退すべきだ」といった意見もあるが、大半は「企業側もテンプレートの“お祈りメール”で不採用を通知するのだから問題ない」「業績のある企業ならわざわざ出向かれても困るのが普通なのでは?」「学生だって限られた時間や資金の中で就活しているのだから、辞退は定型分のメール一本で良い」といった意見が多いようだ。

Next: 「内定辞退セット」に憤る「上から目線」採用は時代錯誤

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー