fbpx

不用品交換のジモティー、増収増益へ。2月7日の上場後さらなる成長を遂げられるか=大石やすし

投資顧問という本業に立ち返り、個別銘柄について解説します。今回は判断がしにくくて困っている方も多い、2月7日新規上場のジモティーを紹介。(『億の近道』大石やすし)

プロフィール:大石やすし(あすなろ投資顧問)
『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧問の運営最高責任者。IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマを生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。

物々交換から人の出会いまで、地域密着のマッチングサイトを運営

サクッと3分で読める銘柄紹介、新規上場予定のジモティー

投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋…ということで、本業に立ち返り個別銘柄を書きます。今回は判断がしにくくて困っている方も多い、2月7日新規上場のジモティーを紹介します。

■ジモティー<7082>
・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで

<簡単解説>

地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。

初めて知ったのは数年前。「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相になっていて、少し「脂っこいもの」と「刹那」を感じました。狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。それからは正直ノーマークでした。

が!気づけばこの度の上場です。

正直びっくり…ですが少し冷静になって考えれば、「モノ」と「モノ」のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、「人」と「人」も繋いじゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付きまといますが)

サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。ユーザー数の伸びから見ても、あらゆる「情報」を交換できる場としては、すでに不動の地位を築いていると言えそうです。

また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売しています。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとでも言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」…。

凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。

Next: さらに、ここでジモティーの株主構成や業績の変化をチェック

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー