fbpx

【展望】円高一服なら株価反発も、上値追いは来週以降の「お楽しみ」に=馬渕治好

理解の種~世界経済・市場の用語などの解説

さくらレポート、三たび

さくらレポートについては、当メールマガジンの第173号(2014年10月19日付)および第198号(2015年4月12日付)で解説しましたが、三たび述べます。

さくらレポートは、日本銀行が四半期ごとにまとめる、全国各地域の経済状況についてのレポートです。発行月は、1・4・7・10月になります。

「さくらレポート」という名称は、米連銀の「地区経済報告」の表紙の色がベージュで、ベージュブックと呼ばれることにならって、桜色の表紙からその名をつけたためです。

日本の各地域(北海道、東北、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄の9地域)の景気の状況を、日銀の各支店が調査し、とりまとめています。さくらレポートが公表されると、日銀のホームページから読むことができます。ホームページに掲載されている、資料のpdfファイルの表紙も、桜色です。

【関連】米利上げ再開でも「1ドル125円超え」が難しいこれだけの理由=斎藤満

1 2 3 4

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』(2016年4月3日号)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」

[月額1,650円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー