fbpx

日経平均、2万3000円台回復。マネーゲームのその先は?〜株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

今回の特徴は大幅な反発上昇だ。報道によると経営者を含め世界の富裕層の資産は約62兆円増えたそうだ。格差は一段と広がっている。こうした動きは、まさしくナスダックが牽引した形でのマネーゲームと言っても過言ではないであろう――正五角形の黄金比率で相場を読み解く「ペンタゴンチャート」の第一人者・川口一晃氏による最新分析をお届けします。(『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』)

※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2020年6月7日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛したビットコインの展望もすぐ読めます。

ペンタゴンチャートの見方
(1)ローソク足(値段)は各辺に沿って動いたり、各点に引き寄せられる
(2)各点が変化日になる
(3)各点に引き寄せられたもののその点に到達できなかった場合には反転する
(4)中心点の上方を通過すれば次のペンタゴンは上方か真横、下方を通過すれば真横か下方に付く
(5)時間の逆行は起きてはいけないこととされている

黄金比率で読み解く、日経平均、NYダウ、ナスダックの見通し

日経平均株価 これほどまでの上昇

NK225J0605

先週のレポートではABラインに注目した。ABラインを越えている状態というのは「時間の逆行」と言い、ペンタゴンチャート上はあってはならないこととされている。したがって、ABラインの内側に戻ってくることが期待された。実際には上昇が続き、ABラインの内側に戻ることなく時間の逆行が続いている。
次の注目日は6月9日前後である。

A点水準:約20,700円
C点水準:約22,300円

今週のポイントは、時間の逆行が成立するのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。B点が位置する時間帯までにB点水準以下、すなわちABラインの内側に戻ることが出来るのか否かがポイントである。時間の逆行が成立したのであれば、ペンタゴンチャートを描き直すことになる。サブプライムローン、リーマンショックそして東日本大震災と大きな価格変動の中でも時間の逆行が成立することなく推移した。

今回の特徴は大幅な反発上昇である。当然、過去の暴落時の後も反発上昇はあったのだが、安値からの上昇で作図上画面がはみ出す、つまり現在値を表示するために安値を画面から切り取り作図をするという作業を複数回強いられるということはなかった。それだけ今回の反発上昇のエネルギーは強力であるということだ。

なお、報道によると経営者を含め世界の富裕層の資産は約62兆円増えたそうだ。格差は一段と広がっている。こうした動きは、まさしくナスダックが牽引した形でのマネーゲームと言っても過言ではないであろう。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの上昇局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>(利益を保証するものではなく取扱いに注意)
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、21,600円を終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
上昇トレンドが続いている。ABラインが下値支持線となり、C点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。BDラインが下値支持線にもなることが考えられる。したがって、時間の逆行が成立し23,000円台に乗せていくことが考えられる。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に移行する可能性はある。B点が位置する時間帯までにABラインの内側に戻る可能性があるからだ。

Next: ニューヨーク・ダウ どこまで上昇するのか~米国市場分析

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー