fbpx

日経平均、2万3000円台回復。マネーゲームのその先は?〜株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ニューヨーク・ダウ どこまで上昇するのか

NYdowJ0605

先週のレポートでは、ABラインに注目した。右肩下がりのABラインに到達することで流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。実際には、ABラインに到達した後も上昇が続き、上値抵抗線のACラインを越えただけでなく、ADラインの上方で取引を終えている。
次の注目日は6月11日前後である。

A点水準:約27,000ドル
B点水準:約23,200ドル
C点水準:約25,500ドル

今週のポイントは、上昇はまだ続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AEラインに注目したい。上値抵抗線であるAEラインを越えると「時間の逆行」状態となる。したがって、ここからの上昇は限定的と考えることができるからだ。すなわち、徐々に上値が重たくなる可能性があるということだ。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの上昇局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、25,300ドルを終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。真横に新しいペンタゴンが描き足された後も上値抵抗線ACラインおよびADラインを越えてきているからだ。この場合、右肩上がりのAEラインに沿って28,000ドルを目指す動きになっていこう。

<第2シナリオ>
上値が重たくなる可能性もある。AEラインが強い上値抵抗線になることが考えられる。また、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。この場合、ACライン意識した動きになっていこう。

Next: ナスダック 最高値を更新~米国市場分析

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー