fbpx

10万円給付は遅れ、税金は一瞬で奪い取る。まもなく不満が爆発して安倍首相に火の粉が移る=鈴木傾城

特別定額給付金は、生活に余裕がある人にとっては「ただのお小遣い」かもしれないが、生活が困窮している人たちにとっては「1日でも早く支給してもらいたいもの」であると言える。それなのに特別定額給付金を国民に支給すると宣言して実際に受付が5月から始まっているのに、待てど暮らせど支給されないのである。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

【関連】マスコミが勝手に都知事選「主要候補」を決める恐ろしさ。都民は偏向報道に騙されるな=鈴木傾城

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している。

安倍首相にトップとして責任がある

国民1人あたり一律10万円を配る特別定額給付金の支給が遅れているのだが、この遅れは紛れもなく、100%安倍政権のミスだ。「一律10万円を配る」という判断も遅ければ、それを支給する体制をきちんと整えることもできなかった。

決めたことをスムーズに実行できていない。トップは「国民を助ける」と決めたのであれば、迅速に支給できているのかどうかもきちんと責任を取るのが当たり前の話であって「俺は決めただけ、遅れているのは俺の責任ではない」というのは常識的に考えるとあり得ない。

たとえば、企業のトップが「こうする」と決めて、それを社員が実現できなかったら「俺は悪くない、社員がわるい。俺は言っただけ、実行できない現場が悪い」と言っていたら、馬鹿なのかと思うはずだ。

安倍首相が決めて、支給が遅れているというのであれば安倍首相がトップとして責任がある。

支給が遅れているのであれば、安倍首相に「支給が遅れている、どうなっているのか」と責任を問うのが正しい。現場が混乱しているというのであれば、それに対して抜本的に対処できるのも安倍首相である。

別にこれに対して安倍首相に罵詈雑言を投げる必要はない。そうではなくて、「特別定額給付金の支給が遅れている」のだから、「その問題を把握して改善すべき」と指摘し、とにかく改善を訴えるべきなのだ。

非正規雇用者の雇い止めや一時休業、正社員のリストラや給料減などで、生活が逼迫している人たちが大勢いる。

だから、「とにかく特別定額給付金の支給を急げ」と言っている。特別定額給付金は一刻も早く支給されなければならない性質のものだ。

生活が困窮している人たちにとっては死活問題

当たり前だが、中国発コロナウイルスは雇用に対して大きなダメージを与えており、非正規雇用のような立場の弱い人が最も大きな被害を受けている。貧困層にはこうした支給がなければ、それこそ生活が困窮してどうにもならない状況にある。

特別定額給付金は、生活に余裕がある人にとっては「ただのお小遣い」かもしれないが、生活が困窮している人たちにとっては「1日でも早く支給してもらいたいもの」であると言える。

それなのに特別定額給付金を国民に支給すると宣言して実際に受付が5月から始まっているのに、待てど暮らせど支給されないのである。

「区役所の担当者が悪い、行政が悪い」と現場に怒ってみても、現場がてんてこ舞いになっているのを見たら、こんな状況をいつまでも放置している安倍首相は何をやっているのだ、という話につながっていく。

私がそう思うのではない。国民がそう思う。

もう一度言うが、「国民1人あたり一律10万円を配る」と決めたのは安倍首相だ。だから、これが遅れているのであれば、国民は「安倍首相はいったい何をやっているのだ」と思うのは奇異ではない。

「自分はもう特別定額給付金をもらった。安倍首相は良くやっている。安倍首相を責めるのはおかしい」という人もいる。

なるほど、もらった人はそうかもしれない。しかし、都心部の人はまだ多くがもらえていないということに注視する必要がある。

「10万円給付、都市部で遅れ」「11市区まだ1割未満」「給付率が1割に満たなかったのは大阪市と千葉市、名古屋市」と日経新聞も書き立てている。人口の多い都市部の住民は「安倍首相は良くやっている」など思わない。

「もう特別定額給付金をもらっている人がいるのに、自分はまだもらえていない。見捨てられているのか」という気持ちになる。

Next: 特別定額給付金が振り込まれない国民が怒り心頭なのは、税金だけはシステ――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー