fbpx

習近平の奇策「ニュー香港島」建設は火に油?世界の中国叩きが加速する=浜田和幸

「ニュー香港島」は受け入れられるか?

ニュー香港島の建設予定地は、「アジアのハブ空港」と呼ばれる香港国際空港からも近い便利なロケーションである。今後20年に渡り建設を進め、最終的には28万軒の住宅を整備し、70万人の香港市民が暮らせるようにするという。

2047年には香港は、中国本土に返還されることが決まっている。

それまでは「一国二制度」が保証されていたわけだが、突然の「香港国家安全維持法」の導入で高度な自治が危ぶまれることになり、今年に入り香港では反中デモの嵐が吹き荒れた。

このところは激しいデモは見られなくなってきたが、世界屈指の金融都市としての香港の先行きに不安が高じたことは否定できない。

香港、珠海、マカオを結ぶ55キロの世界最長の高速大橋を完成させた中国である。新たな人工島の造成で返還間近の香港の未来を大きく変えようとしているに違いない。

ぶっちゃけ、岩を島に変えることはできるのだが、果たして人の心をどこまで変えることができるのか、注目に値するだろう。

有料メルマガ好評配信中! 続きはご購読ください

【関連】テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

<メルマガ購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2020年10月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・中国が進める香港での人工島建造計画(10/16)
・犬の嗅覚を活かし新型コロナウィルスの感染を検知(10/16)
・ホワイトハウス・ギフトショップではトランプ勝利記念コインを販売開始!(10/9)
・トランプ大統領と金正恩委員長の共通点:自己中ビジネス
(10/9)
・アメリカ史上最悪!?大統領候補によるTV討論会のハチャメチャぶり(10/2)
・コロナウイルス禍の陰で進行する福島原発の“汚染水タンク満杯”問題(10/2)
→いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年10月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2020年9月配信分
  • 2022年の北京冬季オリンピックを持ち上げるバッハ会長の思惑(9/25)
  • 創設75周年の国連総会でのアメリカ対中国・ロシア連合の対立(9/25)
  • 菅新総理のコロナ対策の中身はスカスカ!?(9/18)
  • オクトーバー・サプライズに打って出る可能性が高いトランプ大統領(9/18)
  • どうする?選挙資金が足らなくったトランプ大統領!プーチン、ヘルプ!?(9/11)
  • バイデン候補の仰天発言:白熱電球を発明したのはエジソンではなく、黒人の部下だった!?(9/11)
  • 暴露本が絶えないトランプ・ファミリーのゴタゴタ愛憎劇(9/4)
  • 北朝鮮内部で何が?:金正恩委員長の妹、与正の姿が消えて1か月(9/4)

2020年9月のバックナンバーを購入する

【関連】地球から政治家が消える?欧州で「人工知能」に政治を任せる動きが拡大中=浜田和幸

【関連】新型コロナだけじゃない東京五輪「中止」の理由。減らない放射性物質に世界が恐怖=浜田和幸

【関連】騒がれていた温暖化は「氷河期」再来の前触れだった?太平洋の海底温度は低下中=浜田和幸

【関連】コメディ俳優が大統領に就任。ウクライナ国民が汚職と米国支配にNOを突き付けた=浜田和幸

image by:Francois Hurtaud / Shutterstock.com
1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2020年10月16日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー