fbpx

幸福実現党 初代党首の仮想通貨に詐欺疑惑?7.5億円が上場で消滅=山岡俊介

「幸福実現党」初代党首の仮想通貨に“アリバイ上場”の疑いがある。「幸福の科学」の信者を中心にお金を集めたが使い込んでしまったため、上場して「価格が上がらなかった=自己責任」でチャラにしようという疑惑だ。(『アクセスジャーナル・メルマガ版』山岡俊介)

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2020年10月19日号の一部抜粋です。今回記事の続編となる10月26日号「アッキーも営業に最大限利用」も配信されていますので、ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山岡俊介(やまおか しゅんすけ)
1959年生まれ、愛媛県出身。神奈川大学法学部卒。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳で独立。91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)など。

「幸福の科学」での内紛、注目すべきは?

宗教法人「幸福の科学」を母体とする政治団体「幸福実現党」(幸福の科学の大川隆法氏が総裁を兼務)の初代党首(09年5月)だった饗庭(あえば)浩明氏(53)――党首就任はわずか2週間だけも、その後、広報本部長、調査局長、役員まで務めるも15年退任。

その饗庭氏のことが久々に話題に上ったのは今年4月。

『正論』(5月号)に「消えた9億円――仮想通貨扱う保守系団体で内紛」というタイトルのスキャンダル記事が載ったからだ。

饗庭氏は、幸福実現党を退任するや、即「JCU」(東京都港区)という一般社団法人を設立(15年2月)して活動している。

饗庭氏は幸福の科学在職中に渡米して、米共和党に影響力を持つ「全米保守連合」(ACU)など保守派と関係を構築。JCUはこうした保守派と人材・情報の交流を行い、両国の友好関係増進に寄与し、その活動の幅をアジア地区全体にも広げることを目的としている。

前掲『正論』記事は、その活動資金などのために饗庭氏は17年冬に仮想通貨(デジタル通貨)発行を決め、幸福の科学信者を中心に翌18年1月から入金が始まり、約2年間で約9億円を集めたものの、すでにその資金は使い切り、そのなかには使途が不透明な分もかなりあるようで、その“使い込み”を巡り代表理事の饗庭氏と幹部の間で内紛が起きているという内容だ。

その詳細は同記事をご覧いただきたいが、本紙が注目するのは、その仮想通貨「リバティー」の上場(=国内外の取引所で仮想通貨の取り扱いが開始されること)は予定よりかなり遅れ、『正論』記事も出た後、今年6月19日だったが、その上場先取引所は、約450億円も違法に集め事件化した、あの「テキシアジャパン」詐欺事件の関連仮想通貨「WFC」の上場先と同じという事実。

本紙に告発があり、取材の結果、確認した。

Next: 件の仮想通貨はアリバイ上場?トランプとのツーショット写真で信用獲得

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー