fbpx

幸福実現党 初代党首の仮想通貨に詐欺疑惑?7.5億円が上場で消滅=山岡俊介

リバティー(LES)にある疑惑

そして、実際、リバティーについても、同様の疑惑がある。饗庭氏を良く知り、また仮想通貨にも詳しい人物はこう証言する――

続きはご購読ください。初月無料です<残約1,100文字+他3記事>

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2020年10月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

NO.556 2020年10月26日号
・「幸福実現党」初代党首の仮想通貨上場先は、あの詐欺会社「テキシアジャパン」関連仮想通貨(WFC)と同じ(2) アッキーも営業に最大限利用
・上場廃止の「Nuts」で――新人相手に煽るだけでなく、損切りさえするなと指導していた「ウルフ村田」
・「スペースバリューホールディングス」にスラップ訴訟を仕掛けた2代目社長の代理人は、あの著名弁護士
・「偽装業務委託」で“奴隷労働”と提訴された「スーパーホテル」が反訴

NO.556 2020年10月19日号
・こんなことも許されるの!? 「クレアホールディングス」の有利発行
・「Nuts」強制捜査でXデーに向け名前が上がる5名
・疑問、不具合だらけの『GoToキャンぺーン』
・「幸福実現党」初代党首の仮想通貨上場先は、あの詐欺会社「テキシアジャパン」関連仮想通貨(WFC)と同じ

NO.555 2020年10月12日号
・あの「東京福祉大学」強制わいせつ元総長に10・25復帰説
・詐欺師に騙された「クレアホールディングス」経営陣の不徳
・安倍首相(当時)から開院祝いの花が──「湘南美容」出身クリニックの疑惑商法(下)

NO.554 2020年10月5日号
・上場廃止で開示されなかった「Nuts」外部調査委員会「最終報告書」の内容
・菅首相のスポンサー!? 「湘南美容」出身クリニックの疑惑商法(上)
:あの「GFA」元取締役の架空債権請求疑惑
いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2020年10月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込 880円)。

NO.553 2020年9月28日号
・ジャパンライフ元会長逮捕――なぜ、この時期か? 深い政官との癒着
・『週刊新潮』が報じていた菅首相の重大疑惑――五輪招致疑惑。IOC委員側に3700万円の原資はどこから!?
・「青山メインランド」西原社長恐喝事件――松浦被告の判決が、検察側の弁論再開請求受け延期に

NO.552 2020年9月21日号
・大臣の名前を出して本紙を恫喝――千葉県野田市の物流倉庫用土地転売トラブルに関する取材で(2)
・安倍首相辞任理由の「潰瘍性大腸炎」説を検証する(2)
・安倍首相辞任理由の「潰瘍性大腸炎」説を検証する(3)

NO.551 2020年9月14日号
・あの「DDS」の協業先会社買収に疑義あり
・安倍首相辞任理由の「潰瘍性大腸炎」説を検証する(1)
・「太陽光発電42円売電権利」売買詐欺疑惑オーナー、今度は闇金並みデッチ上げ貸金返還訴訟で敗訴

NO.550 2020年9月7日号
・「太陽光発電42円売電権利」売買詐欺疑惑オーナーらに、今度は「持続化給付金」詐取疑惑
・大臣の名前を出して本紙を恫喝――千葉県野田市の物流倉庫用土地転売トラブルに関する取材で(1)
・安倍首相、辞任の真相――河井夫婦1・5億円一部還流疑惑に新展開
2020年9月のバックナンバーを購入する

NO.549 2020年8月31日号
・安倍・麻生政権の地元2大利権!?(下)
・わずか160件でお茶を濁す機構――「フラット35」不正融資は、本紙入手の「聴取録」で1業者だけでも3,000件!?
・これも安倍首相健康不安説故か――林芳正氏が、今度こその山口3区への鞍替え検討

NO.548 2020年8月24日号
・安倍首相の健康不安説に関するトンデモ情報
・「クレアホールディングス」、役員入れ替えの臨株開催へ
・大幅リストラ――「ぱど」の事業再構築は可能か!?
・「GIFTプロジェクト」――「情報商材」詐欺初摘発も、主犯は やり得の真相(広告塔はあの投資詐欺「セナー」逮捕者)

NO.547 2020年8月17日号
・IR汚職――偽証依頼事件の黒幕か(3)やはり逮捕状は出ていた
・IR汚職――偽証依頼事件の黒幕か(2)

NO.546 2020年8月10日号
・IR汚職――偽証依頼事件の黒幕か
・株価下げた「クレアホールディングス」、背景に事件!?
・ハワイ豪邸の原資は!? IR汚職の偽証依頼で逮捕――安倍首相夫婦と写真の、元マルチ仮想通貨詐偽疑惑会社代表
・マルチ商法英会話教材販売会社――消費者庁から取引等停止も、ダミー会社で営業続行

NO.545 2020年8月3日号
・告訴受理に――「三宮」駅前有名ビル、オーナー親族間で骨肉の争い
・<安倍・麻生政権の地元2大利権!?(上)
・過去最大51億円倒産――「ミネルヴァ法律事務所」を食ったワルの面々(上場企業も関与)
2020年8月のバックナンバーを購入する

【関連】河井夫妻「起訴」で高まる安倍事務所の関与疑惑、1.5億円の一部を秘書が持ち帰ったとの証言も=山岡俊介

【関連】パチンコ店の自粛拒否営業、実は違法だった? 緊急事態宣言下でも営業できたカラクリ=山岡俊介

【関連】テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

image by:Siromegane at Wikimedia Commons [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons
1 2 3

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2020年10月19日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー