fbpx

米国有名企業の大量閉店・解雇が続々、18の報道から読み解く真の失業率

14)アルコール飲料企業「Monarch Beverage」も大量解雇

Monarch Beverage社も販売不振でリストラへ。企業は吸収合併されますが、社員は取りあえず解雇すると報道されています。

米国中西部の大手酒類卸売業者「Monarch Beverage社」は、2020年12月に633人の従業員を永久解雇すると発表した。

出典:Monarch Details Employment Changes Amid Acquisition – Inside INdiana Business(2020年10月21日配信)

15)病院グループ内でもリストラ続々

約200年前に創立されたフィラデルフィアの名門私立医系のトーマス・ジェファーソン大学(学生数8,000人弱)では、パンデミックの影響で財政赤字となり、少なくとも正規職員500名を削減する発表。

傘下14カ所の病院を運営しているが、パンデミックで320M$の政府支援を受けるも、直近の財政年度で300M$の赤字を出している。

出典:Thomas Jefferson University to eliminate 500 jobs in wake of COVID-19 pandemic | PhillyVoice(2020年10月13日配信)

16)大手通信会社「AT&T」の大量解雇

AT&T社は、第3四半期に従業員の3.6%に相当する8,720人削減して、23万5,000人以下に減らすと発表。

出典:AT&T cuts more than 8,700 workers in third quarter amid COVID-19 – Dallas Business Journal(2020年10月24日配信)

17)ビール「バドワイザー」製造会社も解雇、販売の落ち込み止まらず

アンハイザー・ブッシュ(Anheuser-Busch Companies, Inc.)社は、米国最大のビール製造会社で、世界第3位のビール生産量を誇る企業です。

主力商品はバドワイザー・ビールである。 他にミケロブなど多数のブランドを持っており、米国内で12カ所のビール工場を保有。

今回、全米で約400人を永久解雇するとのことである。

出典:Anheuser-Busch to lay off 400 across Front Range, including 71 in Loveland – Loveland Reporter-Herald(2020年10月1日配信)

18)ミネソタ大学、ミネソタ医学大学、フェアビュー健康医療サービスグループの統合医療法人の大量解雇

ミネアポリスに本拠を置くM Health Fairview(ミネソタ大学、病院、クリニックの健康・医療法人)は、900人を解雇することがわかった。

ミネソタ、ウィスコンシン州の56の診療所のうち16箇所を閉鎖し、St.Paul市のリハビリセンターも閉鎖すると発表。また、St. Paul市のSt. Joseph病院の救急治療部門を年末までに閉鎖する。

以上のリストラ策で3万4,000人職員の3%に相当する900人を解雇する。これは、パンデミックで病院の財政悪化が増加し、250M$の赤字が出ているためである。

出典:M Health Fairview to lay off 900, close hospital ED(2020年10月5日配信)

ここまでざっと、注目されている米企業の店舗閉鎖・大量解雇の報道を紹介しました。

企業再生には経費削減が必要で、例えば不動産リース料削減を目的にしたチャプター11(米連邦破産法第11条)の申請が主流です。今後は、複数回の更生法申請から、企業整理・清算に入るケースが増えて来るでしょう。

つまり、完全清算処理となれば、大量解雇が今後も続くことになります。

Next: 失業者数は2,265万人以上?本当の数字は統計ではわからない

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー