銀座の美人ママ・日高利美さんに聞く「失敗しない手土産」6つのポイント

接待が上手にできる人は、仕事もできる人です。実際に銀座で喜ばれている「手土産」について、選び方のポイント6つを銀座ママの日高利美さんが解説します。(『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』)

プロフィール:日高利美(ひだか としみ)
1975年生まれ。18歳で銀座のママになるべく銀座で働き始める。多くの一流ビジネスマンを接客することで、一般常識とマナー、気配りの大切さを学ぶ。26歳で銀座のクラブのオーナーとなり、現在は複数の会社を経営する実業家として活躍中。ライフワークとして、米国ロサンゼルス、シリコンバレーやシンガポールでの海外公演をはじめとし、国内では企業の経営者や就職活動中の学生に対する講演から女子力アップセミナーまで、幅広い世代に向けたセミナーの講師を務める。

※本記事は有料メルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』2017年8月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

本当に喜ばれる手土産の6か条とは?銀座ママ日高利美さんが伝授

まずは会食のお店選びでサプライズ

接待の成功とはどういうものなのでしょうか?

最近は交際費を削られている会社も多いのではないかと思いますが、常に相手に喜んでもらえるためには?と考え、予算が少なくても、思考を凝らして知恵を絞ることが大切だと思います。

接待先によって予算が変わってくるとは思いますが、会食のレストラン選びはとても大切です。

グルメな人には、有名店だったり紹介制のお店だったりと、なかなか予約の取れないお店や知る人ぞ知る名店をチョイスすることで喜んでいただけます。お店選びでサプライズをすることで、あなただけでなく会社の評価も上がるはずです。

相手の趣味嗜好は、相手との何気ない会話の中にヒントがあります。

接待中は接待だけに集中すること

レストラン、二次会の場所、手土産選び…。お出迎えからお見送りまで、気を抜かないことが大切です。

そして、接待中は接待に集中することが何より重要になってきます。そのためには、接待中、相手にあなたの携帯電話の存在を感じさせないことが大切です。

電話を気にしなくて済むようにしておくためには、その日の仕事を待ち合わせ前に終わらせておくことや、次の日の仕事の準備を終わらせておくことで、気にしなくていいようになるはずです。

携帯電話はお手洗いに立った時などに見るようにしましょう。

Next: 銀座で実際に喜ばれている「手土産」とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー