次期FRB議長は誰だ? 有力候補者5名の金融政策が市場に与える影響まとめ=児島康孝

次期FRB議長の選定作業が進んでおり、来年2月の任期に向けてマーケットの関心が高まっています。有力視されている5人の候補について、それぞれ解説します。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

トランプはアジア歴訪前に決断の見通し。5人の金融政策シナリオ

有力候補は5人

まったく個人的には、ニューヨーク連銀のダドリー総裁が市場への発言で優れていて、議長に適任であると思っています。しかし残念ながら、ダドリー氏は議長候補に挙げられていません。

有力視されているのは、パウエルFRB理事の昇格、イエレン議長の続投、ウォーシュ元FRB理事、スタンフォード大学のテーラー(テイラー)教授、コーン国家経済会議委員長という顔ぶれです。

市場への影響は小さい?パウエルFRB理事

パウエルFRB理事は、ムニューシン財務長官がトランプ大統領に推薦したと報じられています(米政治メディア「ポリティコ」より)。路線はイエレン議長に近いとされ、市場のサプライズは小さいのが特徴です。一方、大物とは言えず目立った存在ではないので、FRBのトップとして様々な難局に対応する場合、グリーンスパン氏やバーナンキ氏のように「アク」が強いわけではありません。

このため、市場のサプライズを避け、小さいリスクで議長交代を進めるには適任と言えるでしょう。ですが、トップとして君臨してFRBを率いるうえでは、長い目でみると少々不安も感じられます。

イエレン議長の続投もアリ

イエレン議長の続投も検討されています。イエレン議長は、民主党系であり、先の大統領選挙のときには露骨にヒラリー・クリントンを支持するかのような姿勢を見せたため、当初は「続投はあり得ない」と思われてきました。

しかし、最近はトランプ大統領に対する批判もせず、またトランプ大統領も「いい仕事をしている」と語っています。アメリカの株価が高い状態であり、ビジネスマンとしてのトランプ大統領からの評価は高いでしょう。

また、FRB議長が交代するとほぼ必ず市場の混乱が起きていますから、アメリカの株高を維持するということを最優先すると、イエレン議長の続投が無難ということになります。

ですから、アメリカ経済が好転しているので「FRB議長を変える必要がない」とトランプ大統領が判断することも、十分にあり得るのです。

一方、このままトランプ政権の政策に異を唱えないで、次の任期を全うするかどうかについては、トランプ政権は懐疑的でしょう。

株価の維持を最優先するか、それとも政権維持に対するリスクと考えるのか。ここがポイントとなるでしょう。

Next: 実際の金融政策面は未知数のテーラー教授ほか、各候補の下馬評

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー