fbpx

「ワクチン完成でコロナ終息」の勘違い。先行EU圏の接種率わずか2.8%=今市太郎

ワクチンさえ完成すればコロナは終息するとの見方もありましたが、楽観的すぎたようです。接種率にバラツキがあり、世界でもっとも先行接種が始まった英国でも14%、米国は9.4%といったところ。上昇を続けてきた株式市場にも暗雲が立ちこめます。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

【関連】「東京五輪中止なら大不況到来」の大ウソ。いつ中止決断でも問題なし、すでに景気は壊滅状態=今市太郎

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2021年2月5日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

ワクチン接種率に大きなバラツキ

米国をはじめ欧州各国では、年明けから新型コロナワクチンの接種が始まっています。しかし、その供給はどこもうまくいっていないのが実情のようです。

接種率にはやはりバラツキがあり、今年に入ってからようやく年内に1億4,000万本の供給契約をファイザーと行った日本政府のように間抜けな話ではないものの、かなり早期から製薬会社と交渉をしてきたEU圏の接種率が低いことが目立ちます。

国・地域別のワクチン接種率はイスラエルが55%、世界でもっとも先行接種が始まった英国でも14%、米国は9.4%といったところ。

それに対してEUは2.8%に留まっており、国民の3割以上が接種できたのは、EU圏ではルーマニアとマルタのみというかなりお粗末な状況になっていることが見えてきています(※編注:原稿執筆時点2021年2月4日)。
※参考:More Than 119 Million Shots Given: Covid-19 Vaccine Tracker

ロックダウン継続も困難になってきた

とりわけEU圏は、非常に厳しいロックダウンを各国の国民に強いてきました。

とにかく「ワクチン接種までの我慢」と言い聞かされてきた国民が怒りを感じるのは自然な流れでしょう。

ロックダウンの継続がままならない状況にまで陥るという、深刻な事態も顕在化しつつあるようです。

Next: 「ワクチン接種さえすればコロナ終息」という考えは甘すぎる

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー