fbpx

決して荒唐無稽ではない「東京オリンピック中止」の噂、7つのシナリオ

政府側から誰が実行委員に名を連ねてくるかが判断の鍵に

今回、いろんな角度から東京オリンピック開催可否の問題を取り上げましたが、今後に関しては、政府側から誰がオリンピック実行委員に名を連ねてくるかで、開催に向けての政府の考えや温度感が明らかになってくるはずです。

森喜朗会長は最期の名誉職ですからいいとして、実行部隊に有力議員が入ってくるなら開催に向けて本気、中止はないと見ることができるでしょう。

たとえば小泉進次郎議員が前面に出てきたら、東京オリンピック開催に向けてかなりの「本気度」が伺えると言えますが…はてさて、どうなることやら。投資家ならずとも、日本経済に大きな影響を与える東京オリンピック開催の行方を注視していく必要がありそうです。

【関連】都民の馬鹿と投資家の馬鹿~なぜ彼らは舛添要一を「高値掴み」してしまったのか?=炎

1 2 3 4 5

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2016年5月26日)
※タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額330円(税込) 毎週月曜日]
絶対に知るべき重要な情報なのに、テレビなどが取り上げないことで広く知らされていないニュースを掘り起こし、また、報道されてはいるけどその本質がきちんと伝わっていない情報も検証していきます。情報誌は二部構成、一部はマーケット情報、マーケットの裏側で何が動いているのかを検証。二部では、政治や時事問題、いま足元で何が起こっているのかを掘り下げていきます。“脱”情報弱者を求める人、今よりさらに情報リテラシーを高めたい人はぜひお読みください。CFP®資格の投資ジャーナリストが、毎週月曜日にお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー