fbpx

外国人投資家が警戒する森友学園疑惑と「ABEXIT(アベグジット)」=今市太郎

「株売りの連鎖」がドル円に飛び火する可能性

これまで国内では、時の総理大臣が退陣しても、それが原因で為替に大きな影響が出るといったことはほとんど見られませんでした。しかし「ABEXIT」の場合はどうでしょうか?

本来、首相の退陣リスクが発生した際は、円は売られる動きになることが想定されますが、「ABEXIT」が「アベノミクスの終焉」と捉えられた場合には、日本株が売られることになるでしょう。そうすれば、株とセットでドル円も売られて、むしろ円高になる可能性のほうがかなり高くなるものと思われます。

これが、唐突な日銀の緩和出口模索の動きとの連動感を伴うことになれば、株も債券も激しく売られることになり、かなり深刻な事態になるリスクさえ残されていると言えます。

金融市場は森友学園問題の「新たな爆弾」を予感している

いま海外メディアが何となく感じ取っているのは、第一次安倍内閣の終焉時期、閣僚が次々と辞めてぐだぐだになり、結局総理自身も健康上の理由で退場していった、あのプロセスの再来です。

株価や為替については、森友学園問題が今後どのように進展していくことになるか次第になりますが、少なくとも「このまま何事もなく事態が収束するとは、金融市場では誰も思わなくなってきている」ことを如実に示すのが、この「ABEXIT」という言葉なのではないでしょうか。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年3月30日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。4月分がまるまる読める今がチャンス!

【関連】なぜ今になって「世界最大ヘッジファンド」はトランプに怯え始めたのか?=今市太郎

【関連】「陰鬱博士」マーク・ファーバーが警告する米国強気相場の死=今市太郎

【関連】森友学園と国の「危険な共謀」仕組まれたゴミ混入率が意味するものとは?=近藤駿介

【関連】日本市場を襲う「株の冬」とヘッジファンドの誤算~3月FOMCを終えて=E氏

1 2

今市太郎の戦略的FX投資』(2017年3月30日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー