fbpx

安倍総理の誤算。トランプ大統領はなぜ「日本の消費税」に怒るのか?=近藤駿介

トランプ大統領が放つ「2の矢、3の矢」

こうした事態は、社会保障費の増額に苦しむ日本の財政にはプラスだが、輸出主導の景気回復を目指す安倍政権や日本株には逆風になるものである。

トランプ大統領は、良くも悪くもビジネス界出身の大統領である。ビジネスは想定通りに進むとは限らないため、経営者は想定通り進まなかった際の対応策を持っているのが普通である。

今回のオバマケア代替法案撤回後の対応の早さによって、トランプ政権は常に2の矢、3の矢を準備していることが明らかになった。

「アベノミクス3本の矢」は、なかなか発射されなかったり的外れの方向に放たれたりしているが、トランプ大統領の2の矢、3の矢は常に放たれる準備がしてあると考えなければいけない。

そのうえで日本人が頭に入れておかなければならないのは、トランプ大統領が準備している「矢」の何本かは、他でもない日本に向けられているということだ。


有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】安倍政権の命取りに?森友学園小学校の地下に眠る「最大のタブー」=近藤駿介

【関連】森友学園と国の「危険な共謀」仕組まれたゴミ混入率が意味するものとは?=近藤駿介

【関連】偶然ではない、森友学園問題と「南スーダンPKO撤収」を結ぶ点と線=近藤駿介

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2017年4月4日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚

[月額4,070円(税込) 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
時代と共に変化する金融・経済。そのスピードは年々増して来ており、過去の常識では太刀打ちできなくなって来ています。こうした時代を生き抜くためには、金融・経済がかつての理論通りに動くと決め付けるのではなく、固定概念にとらわれない思考の柔軟性が重要です。当メルマガは、20年以上資産運用、投融資業務を通して培った知識と経験に基づく「現場感覚」をお伝えすることで、新聞などのメディアからは得られない金融・経済の仕組や知識、変化に気付く感受性、論理的思考能力の重要性を認識して頂き、不確実性の時代を生き抜く一助になりたいと考えています。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい