fbpx

有事の円買いという都市伝説~「世界一の金持ち国」日本のパラドックス=矢口新

富裕層から素通りされた日本

日本は世界一の金持ち国だと言う人がいる一方で、日本は世界の富裕層からは見向きもされていない。これは、日本の対外負債を見れば明らかだ。
※参照:平成27年末現在本邦対外資産負債残高

外国人は日本企業をほとんど所有せず、収益の再投資も行わない。証券投資でも、市場規模に応じた配分を行う株式ファンドや債券ファンドが、比率に応じてパッシブに保有しているに過ぎない。それも当然で、パフォーマンスが他の諸国と比較にならないくらい見劣りするからだ。

名目GDPが20~30年間増えていない国は、世界中を探してもほとんど見当たらないのだ。

それでも、人口の多さと、過去の積み上げとで、日本の金融資産の大きさは世界有数の規模で、資産額100万ドル以上の富裕層の人数では、世界の9%を占めている。もっとも500万ドル以上になると、米国だけで5万5000人近くいるのに対し、日本には3000人にも届かない人数だ。

対外純資産の大きさはとても自慢できるようなものではないのだ。また、その資産額は時価評価額で、実際の売却時にはどうなるか分からない。東芝が保有していた米原発事業などは、誇れる資産どころか、現時点でも7000億円の負の資産となっている。

日本の対外純資産の大きさは、国内に投資物件がないことの表れだ。そして、有事の円買いとは、日本人の海外投資のリパトリエーション、あるいは為替ヘッジによって起きている。外国人が(一時の材料としてを除いては)、有事でも平時でも、円を買っているわけではないのだ。
続きはご購読ください。初月無料です


<初月無料購読ですぐ読める! メルマガ5月配信済みバックナンバー>

・Q&A:通貨ペアの選び方(5/10)
・Q&A:NISAを利用すべき?(5/9)
・富裕層から素通りされた日本(5/8)
・日本は世界一の金持ち国?(5/8)
・フランス大統領の決選投票は、5月7日(5/1)
・米景気は踊り場に来たか?(5/1)

※矢口新氏のメルマガ『相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「シェアハウス」に例えて理解するフランス大統領選とEU、本当のポイント=矢口新

【関連】未曾有の危機から丸8年。リーマン・ショックの真相(前編)=矢口新

【関連】【FX】1000通貨じゃ眠すぎる?適正ポジションサイズの決め方・考え方=矢口新

1 2

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』(2017年5月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額864円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい