fbpx

なぜ今、ヘッジファンド業界の「二極化」が進行しているのか?=荒川雄一

グローバル市場において、ヘッジファンドは苦戦を強いられています。資金流出の最大の要因は、ずばり「パフォーマンスの低下」です。(『海外ファンドで資産を作ろう!』荒川雄一)

プロフィール:荒川雄一(あらかわ ゆういち)
国際フィナンシャルコンサルタント、海外ファンドアドバイザー。金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、投資顧問会社IFA JAPANほか、リンクスグループ3社の代表を務める。投資教育にも力を入れており、国立高知大学講師、大前研一氏監修BBT大学院大学講師などを歴任、講演回数800回以上。その他、日本経済新聞社、各マネー誌、フジTVなど執筆、出演も多数。

資金流出が続くヘッジファンドは、このまま衰退していくのか?

国内企業年金の動向

今までも何度か「ヘッジファンドの動向」について取り上げてきましたが、ここにきて、また新たな展開となっています。

まずは「国内の企業年金」に目を向けると、新たな動きが見えてきます。GPIFなど公的年金が国内外の株式比率を引き上げているのに対して、企業年金では株式への配分比率が低下傾向にあるのです。

【関連】ヘッジファンドはこれで儲ける!アービトラージ戦略の様々なアイデア=田渕直也

格付投資情報センターが国内約110の企業年金の「2015年度末の資産構成」を推計したところ、国内外の株式への配分比率が27%となり、初めて3割を切る形となりました。2005年には48%だったので、ちょうどこの10年で20%以上低下したことになります。

代わりに増えた資産が、ヘッジファンドをはじめとする「オルタナティブ」です。10年前は3%しかなかった配分比率ですが、現在は約10%に達しています。

ヘッジファンド自体は苦戦しているものもありますが、企業年金で多く採用されているのが、“絶対収益型”と言われるファンドです。デリバティブを駆使して、相場の影響を極力抑えながら、小さくても着実にリターンを求めるタイプのものです。

国内の企業年金においては、大きくリターンを狙うというよりは、安全性を重視しながら、債券の利回りを若干でも上回るようなローリスクタイプのヘッジファンドに資金が流入していることがわかります。

グローバル市場におけるヘッジファンドの動向

一方、グローバル市場においては、ヘッジファンドは苦戦を強いられています。

一時は、3兆ドルまで残高を伸ばしたヘッジファンドですが、2015年10~12月期に15億ドル、2016年1~3月期には150億ドルが資金流出しました。そして7月には、一カ月で252億ドルもの流出があり、年初からの累計でも559億ドルとなっています。

資金流出の最大の要因は、ずばり「パフォーマンスの低下」です。

米国株の「代表的指数S&P500」が今年に入って、6.7%上昇しているのに対し、ヘッジファンドリサーチ社の調べでは、同期間のヘッジファンドの運用成績は0.8%にとどまっています。

新興国経済の低迷や株式や通貨の乱高下の影響を受けて、運用成績が低迷している中、手数料が通常の投信などに比べ、高く設定されているヘッジファンドから、資金が流出していると考えられます。

Next: 投資家の目的に応じて「二極化」が進むヘッジファンド業界

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい