fbpx

「忖度相場」からの6月14日ショック説、最悪ケースの株価下値は?=藤井まり子

「先行」する為替と金利を株式市場が後追いすればどうなる?

NYダウで1万8,000ドル前後といえば、トランプが大統領選挙に勝利する前の水準です。

先週号のメルマガでもお伝えしましたが、為替市場はすでに「大統領選挙前」の水準にまで戻しました。ドルインデックス指数は97ポイントを下回っています。

さらに、長期金利(=ドル国債10年物の利回り)も、先週末には「大統領選挙前」の水準にまで戻っています。2.20%を下回りました。

トランプ大統領の登場は、人々のセンチメントだけは明るくしました。でも、マクロ経済的には、トランプの政策は何も巻き起こせないだろうし、現に何も巻き起こせなかったことは、こちらのメルマガでも幾度も繰り返しお伝えしてきたとおりです。

ところがこれまで、どんな悪材料に遭遇しても、反応するのは為替市場と長期金利市場だけ。株式市場は全くもって反応しませんでした…。

とは言えこの夏、アメリカ株式市場も遅ればせながら調整を余儀なくされることでしょう。

すでに今のアメリカ経済の実態は、2016年11月初旬の「大統領選挙前」の水準に戻っているかもしれないのです。すなわち――
続きはご購読ください<残約1,500文字>


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2017年6月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した内容(さらに詳細なアメリカ株式市場の分析と6月FOMCの展望、さらに中国経済について)や、当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】株価急落を予告する「ヒンデンブルグ・オーメン」の点灯と4つの懸念=斎藤満

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

【関連】2017年後半、真のリスクは「トランプ弾劾」ではなく「中国」にあり=栫井駿介

1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2017年6月6日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,200円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい