fbpx

「トランプ相場」は波乱含みのリスクオン。日経平均は年末1万8000円へ=長谷川雅一

この後の動き

今回の選挙では、共和党のトランプ氏が大統領になっただけでなく、アメリカの上院、下院ともに共和党が優勢となりました。

つまり、トランプ氏は、かなり思い通りの政権運営ができる状態で、大統領に就任するわけです。

まさかトランプ大統領が、核ミサイルの発射ボタンを押したり、メキシコとの国境に、実際に壁を作ることはないでしょう。

しかし、かなり思い切った政策が出てくる可能性は高いと思いますし、それは日本にも少なからず影響を及ぼすでしょう。

相場は、「大統領が、いかんなくリーダーシップを発揮できる政権運営」を好感します。したがって、今後はリスクオン(円安=ドル高、株高)のムードが続きやすいと予想しています。

為替は円安方向に振れやすくなりますし、日経平均について言えば、すぐにでも17,000円付近まで値を戻すのではないか、と予想しています。

トランプ発言による「波乱」と「2番底」に要注意!

ただし!何と言っても、あのトランプ氏が実際に大統領になってしまったわけですから、今後は、彼の発言ひとつで、米ドル/円が1日に2円~3円急落する、といった「波乱」が、十分に起こりえます。

また、そういった「波乱」が「たびたび起きる」状況になるかもしれませんので、警戒しておかなければなりません。

Next: 17,000円付近まで戻した後、「2番底」を経て年末18,000円を目指す

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい