fbpx

「トランプ相場」は波乱含みのリスクオン。日経平均は年末1万8000円へ=長谷川雅一

アメリカ大統領選挙が終わりました。僕の予想通り、トランプが当選しました。トランプ大統領誕生後の相場はどうなるか?今日は、僕の「次の予想」をお伝えしたいと思います。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』長谷川雅一)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

年末1万8000円への道。反発一巡後はまず2番底を探る可能性も

4つの予想が的中

最近僕は、以下のような予想をしていました。
予想記事1予想記事2予想記事3

  1. 近々、日経平均の暴落がある
  2. 暴落すると日経平均は1,000円程度下がる
  3. トランプ氏がアメリカ大統領になる
  4. トランプ氏の当選後は円安、株高になる

4つ目の予想については、まだ少し日数を経ないと何とも言えませんが、とりあえず日経225先物は、すでに9日の終値から500円ほど反発し、米ドル/円も104円付近まで反発していますので(編注:本稿執筆時点)、9日夜の段階で、4つの予想がほぼ的中したことになります。

また、一部のアナリストさん(たとえば有名なM証券のHさん)が、「トランプが当選したらドル円は95円もありえる」と言っていましたが、僕は、「あまり大きく円高が進むことはないのでは?」と予想していました。

これについても、今のところ僕の予想通りで、極端な円高にはなっていません

こうした僕の予想ですが、チャート分析、ニュース分析、そして実戦で培った相場観、さらには若干の「霊感(=予知能力)」によるものです。また、チャート分析については、僕独自の理論「Market Dynamics」と「Price Movement Theory」を使っています。

トランプ氏の勝因は何だったのか?

トランプ氏の勝因ですが、やはり、FBIの捜査の影響が大きかったように思います。しかも選挙直前になって「クリントン氏の訴追なし」という「結論」が出たことが、かえって、トランプ氏にとっての「追い風」になったのでは、と見ています。

つまり、クリントン陣営は「訴追なし」というニュースに「安心」してしまったのではないか、と思うわけです。「もう大丈夫。私が投票しなくても彼女は当選する」と、支持者が油断した。そのため、最後の得票数に「伸び」がなかったのではないか、と。

逆にトランプ氏の支持者たちは、「これは大変だ。最後まで気が抜けないぞ。がんばろう!」と結束を固めたように感じました。

「訴追なし」というクリントン氏にとっての朗報(=トランプ氏にとっての「悲報」)が、トランプ陣営の危機感をあおり、トランプ氏のラストスパートにつながったと思うのです。

クリントン氏は、選挙前に、まるで「勝利宣言」のような、あるいは「もう大統領になったかのような」スピーチをしていました。

ここまで安心して大丈夫なのかな?」と思って見ていましたが、こうした「油断」が、大差での敗北の一因だったのではないか、と思います。

Next: もともとトランプ有利だった/暴落時ほど利益を出しやすい日はない

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい