fbpx

シーゲル博士vsシラー博士~米国株式市場は巨大バブルを形成するのか?=藤井まり子

アメリカ株式市場は「壊滅的な巨大バブル」を形成するか?

実際に、今のアメリカ人は、キャピタルゲイン狙いで株式投資をしているのではなく、配当狙いで株式投資をしている傾向があります。

アメリカ人が、キャピタルゲイン狙いではない株式投資をするのは、戦後初めてのことかもしれません。何かが「構造的」に変わりつつあります

イエレンFRBが低金利政策を継続しても、思っていたよりもインフレは起きません。失業率が下がっても、2%インフレがなかなか起きないのです。

こういった状況では平均賃金が上昇しません。サービス部門では低賃金の雇用は伸びても、ファンドマネージャー、会計士、弁護士、医師などのハイスペックだったはずの高給の雇用は、実際に人工知能に取って変わられつつあります。これでは、賃金は伸びません。

一方、グローバリゼーションでは「物価は下落傾向を辿る」現象も引き続き継続しています。

物価が上がらないので、賃金が伸びない。賃金が伸びないので物価が上がらない。アメリカ経済のみならず、先進国全体が低成長へシフトして行っているのです。

低成長の中で、物価が上がらないので、イエレン女史が次期FRB議長に再任されても、コーン国家経済会議(NEC)議長が次期FRB議長に任命されても、アメリカの低金利時代は意外と長引くでしょう。低金利時代が長引けば、それは「バブルの温床」になります。

次期FRB議長は、イエレン女史が再任されることが「理想」ですが、果たしてその通りになるかどうか?

コーンNEC議長は、イエレン女史よりもさらに低金利を愛好する傾向が強そうです。この秋(11月あたりか?)、コーン氏が次期FRB議長に任命されれば、再びアメリカ株式市場は熱狂、「壊滅的な巨大バブル」を形成する可能性が高くなります。
続きはご購読ください<残約3,600文字>

アメリカ株は「上がりすぎたことが原因の調整」へ

株価はこれからどうなるのか?


※本記事は有料メルマガ『資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』2017年8月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した内容や当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】8月末は暴落危険期。それでも米ドル/円の反転上昇が近いと言える理由=長谷川雅一

メルマガ購読開始で今すぐ読める!8月配信済みバックナンバー

・「根拠無き恐怖」に突き動かされるマーケット!?~それでも、8ー9月はマーケットは調整する!?(8/22)
・次なるリスク:アメリカの「政府機関のシャットダウン」リスク!(8/15)
・【合併号】資本主義最後の「大幅調整」がやって来る?~嵐の前の静けさ(8/8)
・「スーパーゴルディロックス相場」!?♪~目先は「金利急騰リスク」と隣り合わせ?(8/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

8月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

7月配信分
・「日米の政治リスク」いくらなんでもこれ以上の先送りは無理!?(7/25)
・通貨マフィアたちの変質(2)~市場が思っているよりも「タカ派」なイエレンFRB議長(7/18)
・通貨マフィアたちの変質~「バブル容認派」から「バブルは未然に防ぐ派」への大転換(7/11)
・中銀たちと「過剰流動性お化け」の戦いが始まった!(7/4)

6月配信分
・ウルトラ過剰流動性の「正体」~この夏、カギを握るのは、コモディティー価格(6/27)
・アメリカの「ドル国債3ヶ月物」がかなり売られている!~イールドカーブの異常なフラット化(6/20)
・不穏な動きをするCRB指数と原油価格~FAANGバブル崩壊?(6/13)
・NYでは「ヒンデンブルグオーメン」が点灯、復活し始めた「アメリカ長期停滞論」(6/6)

【関連】日本のデフレに「謎」はない。この経済政策の矛盾を自分の頭で考えよう=矢口新

【関連】Fedウォッチャーのグレッグ・イップが警告する「景気後退」4つの前兆=高梨彰

1 2

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』(2017年8月22日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記

[月額1,080円(税込)/月 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
10年20年後も、物心ともに豊かに暮らすための「正しい地道な資産形成」について、なるべく専門用語を使わないで話し言葉で解説。一般には敬遠されがちな国際分散投資やマクロ金融の基礎知識が、自然に無理なく身に付きます。ハッピーリタイアを目指すビジネスパーソン、年金生活者やその予備軍の方々のほか、意外や意外、金融のプロの方々にも大変好評です。「沈みゆくタイタニック号・日本経済」の復活は、まずはあなた自身がフィナンシャルフィフリーを手に入れることから始まります。メールでの質問・相談も受けつています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい