fbpx

「安倍政権の経済政策はすべてが間違っている!」これだけの理由=三橋貴明

「ベーシックインカム」は新自由主義者のためのもの

新自由主義的な政策、もしくはグローバリズムの政策には、表面的にお化粧を施し、「国民のための政策です」と装っているものが少なくありません。その代表が、ベーシックインカムです。

ベーシックインカムは、元々は新自由主義の祖たるミルトン・フリードマンが言い出した政策なのですが、簡単に書くと「小さな政府」における社会保障です。

既存の公的年金、失業手当、生活保護、公的医療保険等、社会保障の制度は全て廃止。高所得者層から低所得者層へ所得を機械的に渡し、生き延びるために必要な最低限の所得を保障する。結果的に、社会保障支出が「削減」できる

これが、ベーシックインカムです。

必ず「自己責任」が付きまとうベーシックインカム

低所得者層は、受け取る所得税(ベーシックインカム)で日常生活はもちろん、医療、将来の保証等を全て賄い、政府はそれ以上の面倒を一切見ません

ベーシックインカムだけでは、非常事態(事故による負傷や重病等)に対処できない? そんなものは、自己責任です。

しかも、高所得者から低所得者に機械的に所得が分配されるため、生活保護の不正受給といった問題も出ません。ね、効率的でしょ? というお話。

低所得者層は、所得税を払うのではなく「貰う」ことになるため、負の所得税と呼ばれたりもします。

とはいえ、日本の政治家が「ベーシックインカム」と口にする際に、上記の「仕組み」について説明することはありません(一度も聞いたことがないです)。

国民は単に「え? 働かなくてもカネをもらえるの?」と、ベーシックインカムの本質に気が付かず、「良い政策だ!」などと思ってしまうわけです。

ちなみに、今回の総選挙において、ベーシックインカムを公約に掲げたのは、希望の党でした。

【関連】【国難突破解散】安倍総理、その「国難」をもたらしたのは誰ですか?=三橋貴明

【関連】神か悪魔か。ベーシックインカム時代の勝ち組と負け組、あなたはどっち?=田中徹郎

【関連】日本国民をマンガで洗脳? 厚労省の「年金ストーリー」に潜む4つの大問題=矢口新

【関連】「水道はすべて民営化する」麻生太郎の腹の内と、日本を食い潰す外資の正体

1 2

三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年10月8日, 9日号より

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」経世済民新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー