fbpx

「仮想通貨詐欺」にご用心!ビットコインの落とし穴はこう乗り越えろ=俣野成敏

ビットコイン取引所の33%が何らかの被害

ご覧のように、仮想通貨を巡った事件は途切れることなく起こっています。ロイターの報道によれば、ビットコインの誕生から2015年3月までの間に、営業していた取引所の33%が何らかのハッキング被害に遭ったとされています。

現金がある以上、強盗がなくならないように、仮想通貨も存在している限り、この戦いは続くことになるでしょう。仮想通貨が新しい媒体に取って代わられる日がくるまでは。
続きはご購読ください。初月無料です

初月無料購読で、本記事の続きと1月配信済みバックナンバーをすぐ読めます

【2017年1月12日号 Vol.33 仮想通貨って一体何?(下)~仮想通貨詐欺にご用心!~目次】

〔1〕イントロ:
ビットコインはまだ「始まってもいない」

〔2〕本文:
仮想通貨って一体何?(下)
~仮想通貨詐欺にご用心!~

1、仮想通貨が不安なのは、デジタルだからじゃない
◎お金は「リアルじゃないと不安」は本当?
◎仮想通貨はやがて「クレカに取って代わる」

2、仮想通貨とハッカーの対決◎ハッカーがハッキングをする理由
◎ハッカーがあなたの口座を狙ってる?!

3、アルトコインに未来はあるのか?
◎ハッカー被害に遭っても「依然2位」のイーサリアム
◎第三者の存在を必要とするリップル

4、仮想通貨元年は仮想通貨詐欺元年でもある
◎流行りものに付きものの「詐欺」
◎仮想通貨詐欺の手口とは?

5、詐欺仮想通貨事例◎事例1:ディールコイン
◎事例2:XNF(ノンフィアットコイン)
◎仮想通貨の詐欺を見破る3つの調査項目

6、仮想通貨詐欺に遭わないためには?
◎「仮想通貨+ネズミ講」の組み合わせはNG◎上場前の仮想通貨は信用リスクが高い

7、仮想通貨は新たな「インフラとなる」

★本日のワンポイントアドバイス☆★
仮想通貨投資の基本:ワン・ツー・スリー

〔3〕次回予告(予定):
モノってどうやったら売れるの?
~売れる人が実行している「営業のコツ」とは?~

〔4〕今週のQ&Aコーナー:
投資信託で「月利2%強」の商品がある?!

〔5〕今週の気になるトピックス:
「お正月に働くのは可哀想」ってどうなの?

〔6〕編集後記:
「天才」じゃなくたって、起業はできる!


※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年1月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「ビットコインは怪しい」と思う日本人が知るべき仮想通貨の未来=俣野成敏

【関連】「確定拠出年金は入るべきではない」というシンプルで衝撃的な結論=俣野成敏

【関連】日本人を辞めたらどうなる? 究極の自由と「永遠の旅行者(PT)」の条件=俣野成敏

1 2 3 4

俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』(2017年1月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

俣野成敏の『サラリーマンを「副業」にしよう』実践編

[月額550円(税込) 毎月5日・20日(年末年始を除く)]
老後2000万円問題、働き方改革、残業規制、等々。政府も会社も「自助努力で生きよ」と突き放す中、コロナ・ショックによるリストラが追い討ちをかけています。自己責任の名のもとに始まった大副業時代を生き抜く術とは?『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社)』『一流の人はなぜそこまで○○なのか?シリーズ(クロスメディア・パブリッシング)』『トップ1%のお金シリーズ(日本経済新聞出版社)』等、数々のベストセラーを世に送り出してきた著者が、満を持して『サラリーマンを「副業」にしよう(プレジデント社)』を発売。マネーとビジネスの両面から、サラリーマンを副業にするための情報をお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー