fbpx

根拠なき楽観が招く「日米首脳ゴルフ会談」悪夢のトリプルボギー=斎藤満

ドル債購入、為替誘導批判、日本市場開放の“トリプルボギー”も

ロスチャイルド、ロックフェラー氏らとのゴルフは、金融面で日本がいろいろ注文される場でしかないかもしれず、大腸炎の難病を抱える安倍総理にとっては、何時間も「人質」にとられ、休むこともできない環境は、かなりハードなものになります。

首脳会談だけなら2時間の辛抱で済みますが、私邸訪問や大統領専用機で移動し、ゴルフで何時間も付きあえば、休む時間もとれません。

最悪の場合、ドル債を買う羽目になるうえに、円安誘導批判が消えず、自動車の自主規制、農業解放を迫られる事態も念頭に置く必要があります。その場合ドル円は112円のチャートポイントを下に抜け、円高が進んで株価が大きく売られる懸念があります。

逆に米国が日本の提案を歓迎し、円安や自動車不均衡を不問に付せば、改めて円安が進み、株価は2万円越えとなります。

それ如何で市場は天と地の差がありますが、何しろ米国を含め、既存の秩序を破壊しようとしているトランプ大統領には、これまでの手法、常識が通じません。最悪の事態にも対応できる柔軟さが必要です。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・トランプ大統領で黒田緩和は継続可能か(2/3)
・抑制が困難なトランプの暴走(2/1)


※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2017年2月6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】アメリカのシナリオ通りに進む「韓国弱体化」と近づく朝鮮半島有事=斎藤満

【関連】「トランプに捨てられた」安倍首相の危ない片想い~日米2つの破局ルート=斎藤満

1 2 3

マンさんの経済あらかると』(2017年1月27日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい