fbpx

日米首脳会談「異例のもてなし」に垣間見るトランプの作戦と日本の不安=近藤駿介

日本人を「多人数で交渉場所に現れるため全員納得させるのは困難」「非常に商売のやりにくい相手」だとするトランプ、今回は「得意の個別会談」に持ち込んだとも思える。(『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。

どうなる日米首脳会談 日本時間11日未明に共同記者会見へ

日本はアメリカのパートナーか、それとも使用人か

「ワシントンでも10日の首脳会談後の昼食会に臨むほか、11日もゴルフを挟んで朝食や昼食を一緒にするとみられ、異例のもてなしとなる」
出典:連夜の夕食会・ゴルフ…安倍首相を異例のもてなし – 日本経済新聞(2/9)

トランプ大統領に対していつもは強い不信感と警戒感をあらわにするマスコミが、「異例のもてなし」と繰り返し報じる胡散臭さ。

TPPという多国間交渉を嫌い、日米二国間交渉を目指すトランプ大統領が、安倍総理をフロリダの別荘に2泊も招待し一緒にプレーをする。しかも、移動はエアフォースワン。

自伝の中で「多人数で交渉場所に現れるため、全員納得させるのは困難」という理由で日本人を「非常に商売のやりにくい相手」だと思っていることを明らかにしているトランプ大統領が、麻生財務相や岸田外相、世耕経済産業相といった同行者を含む多人数会談ではなく、得意の安倍総理との個別会談に持ち込んだとも思える。

エアフォースワンでの移動やゴルフなどを利用して、2日間もさしでプレッシャーを掛け続けたほうが篭絡できる可能性が高いという思惑が透けて見えるような気がしてならない。

トランプ大統領が「私のパートナーであることを確認するだけだ」と明言しているのに対して、「首脳間の交流を深め、信頼関係を確固たるものにするためのまたとない機会」だとする日本側の反応はお人好し過ぎるように見える。

安倍総理は「アジア太平洋地域や世界の安定と平和のために日米同盟は揺るがないというメッセージを世界に発信したい」と考えているようだが、ゆめゆめトランプ大統領による「パートナー(partner)」採用試験に合格したいがために、世界から「サーバント(servant)」のように見られないように気を付けてもらいたいものだ。

【関連】なぜ日本はトランプの為替批判に「お前が言うな」と怒れないのか?=大前研一

【関連】なぜ今になって「世界最大ヘッジファンド」はトランプに怯え始めたのか?=今市太郎

近藤駿介~金融市場を通して見える世界』(2017年2月9日)より
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

近藤駿介~金融市場を通して見える世界

[無料 ほぼ 平日刊]
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動してきた近藤駿介の、教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるマガジン。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい