fbpx

ITバブルをスルーした天才ロバートソンは、なぜ今FANGを買っているのか?=東条雅彦

「市場全体は割高でも、FANG銘柄は割安だ」

2000年前後のITバブルについては完全にスルーしていたのに、今回のハイテク株ブームには思いっきり乗っかっています。そして、ロバートソン自身は「FANG銘柄は割安、市場全体は割高」という説を唱えているのです。

人によっては、「市場全体が割高で、FANG銘柄も割高」と言われた方が腑に落ちるかもしれません。ただ、ロバートソンの見解を完全に否定するのは難しいと私は考えています(それは今までもブログやメルマガで書いてきたので、今ここで強く主張するつもりはありませんが…)。

もし、第4次産業革命(AI革命)の波が既に押し寄せてきているのなら、ロバートソンの運用成績は今後、さらに伸びていくでしょう。でも、その前に金融危機が1回、入るという説(ジム・ロジャーズ、ジョージ・ソロス)も根強くあります。

マクロの動きに右往左往する必要はない?

個別銘柄に投資している人は、その企業が金融危機が訪れても崩れないワイドモート(経済的な堀)を持っているかどうかに注意を払って、そこがクリアされているのなら、必要以上にマクロ経済の動きに右往左往する必要はないのかもしれません。少なくともロバートソンの投資姿勢を見ていると、そう感じます。

【関連】米国株式市場を牽引するFANG銘柄の真実とS&P500への重大な勘違い=東条雅彦

ロバートソンはバリュー投資が得意だと言われているものの、少しバフェット、マンガ─、アインホーン等とは系統が異なっているように見えます。この点については、私の中でまだうまく整理ができておりません。でも、「なんかこの人の投資は気になるなー」と感じています。今後、ロバートソンの動きについても、追っていく予定です。

image by:YouTube

【関連】ビットコイン版「バブルの物語」いつか死ぬまで踊り続ける覚悟はあるか?=鈴木傾城

【関連】著名投資家アインホーン氏の大勝負!「GM再生」に賭けた天才の勝算は?=東条雅彦

1 2

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資〜雪ダルマ式に資産が増える52の教え〜』(2017年10月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー