fbpx

トランプ「あいつは何を考えてるんだ?」文在寅の失態で韓国経済が大ピンチに

反米デモ団体がトランプ大統領の車を妨害

晩餐会が終わってホテルに向かうトランプ大統領。しかし、反米デモ団体が待ち構えていて、トランプ大統領の車に物を投げつけたようだ。そのため、安全であるはずのルートを変更してホテルへ到着。さらに深夜前、反米デモ隊がトランプ大統領の宿泊するホテルで暴動を起こし、「トランプは韓国から去れ!」という怒号を浴びせる。そして、警備の隙を狙ってデモ団体の女性2人がホテルの正面玄関の中まで乱入。警察によって取り押さえられたが、「トランプは平和協定を締結せよ」叫んだ。

【関連】報道されぬ「日本完敗」トランプとのゴルフ外交に賭けた安倍官邸の大誤算=近藤駿介

以上が11月7日に起きた主な出来事だ。初日だけでこれである。そして2日目を迎えるわけだが、それは次回に特集する。

続きはご購読ください。初月無料です

image by:Wikimedia Commons Moon Jae-in | Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2017年11月12日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

・トランプ大統領「あいつ(文在寅大統領)は何を考えてるんだ?」7日編(11/12)
・韓中関係が雪解け!?だが、その「3約束」は主権を中国に譲り渡す属国化の宣言だった(11/5)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

11月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・平昌五輪まで残り100日。チケット3割。ー20度まで下がる開会式の会場に屋根はない(10/22)
・韓中通貨スワップ協定の延長が決定!?日本にとっては良いことかもしれない(10/15)
・交渉期限はわずか1日。最後まで諦めない韓国。韓中通貨スワップ協定に劇的妥結はあるのか(10/8)
・平昌五輪の公式HPから日本列島が消える。欧州も参加をボイコット宣言。チケットは全く売れず(10/1)

【関連】トランプ社長は「子分」に何を売りつけたのか?日本国民のノルマ厳しく=矢口新

【関連】「お寒い開会式」まであと100日。平昌冬季オリンピックは本当に開催できるのか?

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2017年11月12日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー