fbpx

デート代は? 家計は? カンボジアの新婚カップルに聞いた「男女交際ご当地事情」

結婚後は「カカア天下」のカンボジア、財布のひもは奥さんがガッチリ握る

結婚前からずっと働きづめだったそうで、ゆっくりデートする暇がないというチャンリムさんご夫妻。今回、二人の邪魔はしないという約束で、ひさびさのデートに同行させてもらい、結婚後の変化を聞かせてもらうことにしました。

さっそく行き先を聞いてみると…「ボッコー山!」とのこと。ボッコー山って結構遠いですよ!?

平地が多いお国柄、山を見るとカンボジア人のテンションは上がる。デートスポットにも

平地が多いお国柄、山を見るとカンボジア人のテンションは上がる。デートスポットにも

プノンペンから南に車を走らせること約4時間。長い車中移動のおかげで、はじめは無口だった旦那さんも随分と心を許してくれたのか、色々な話が聞けました。

二人がはじめて出会ったのは7年前、美容院で働く彼女に彼が一目惚れしたのがキッカケ。連日のように来店し、何度も話しかけてくるチャンリムさんに、サパーさんもはじめは「鬱陶しいな」と思ったそうです。

でも、そう語る彼女の表情はまんざらでもなさそう。「実は嬉しかったんじゃないの?」とツッコミを入れたところ「実はね」と照れながら答えてくれました。

ROJI_009_KH_007

チャンリムさんの積極的なアプローチもあり、ほどなく付き合うことになった二人。でも、そこから結婚までにはとても時間がかかったそうです。

実は彼女の実家はちょっとしたお金持ち。今でこそ恋愛結婚も増えているカンボジアですが、一昔前まではお見合い結婚が主流だった国です。そんな訳で、彼との結婚にはご両親からの猛反対がありました。

家族を何より大事にするカンボジア人にとって、両親の意見は絶対に無視できません。だからチャンリムさんは「男として、ご両輪に認めてもらうためにも仕事を頑張ったんだ」とのこと。

ROJI_009_KH_008

お互いの好きなところを聞くと、サパーさんは「彼の無口なところと、私のすることを何でも許してくれるところ」、チャンリムさんは「彼女の明るいところ」だそうです。

車中でも奥さんのサパーさんと僕が話していることが多く、旦那さんは奥さんの尻に引かれるタイプに見えました。旦那さんにこっそり聞くと、やっぱり奥さんは「怒ると怖い」そう。

そして今回、デート中の買い物や食事は、全て奥さんの財布からお金を出していました。恋人時代とは逆ですね。

聞くと、旦那さんの稼ぎはほとんど奥さんに渡していて、その代わりに支払いは全て奥さんがするそうです。

実はカンボジアではこのスタイルが一般的で、カンボジア家庭の財布のひもは、奥さんが握っていることがほとんど。チャンリムさんご夫妻に限らず、女性主導なカカア天下の家庭が多いんです。

こうして聞くと「カンボジアの男性は大変!」と思われるかもしれませんが、実はそうとは限りません。カンボジア人男性は結婚前の頑張りの反動か、結婚後は割とノン気な人も多いんです。

奥さんだけが働き、旦那さんは遊び惚けている、なんて夫婦もザラにいるんですよね。

幸い、チャンリムさんは結婚後も頑張って働くタイプでした。奥さんのサパーさんは素敵な旦那さんと結婚しましたね!

Next: バブルはこれから?変わりゆくカンボジア人の恋愛観と消費意識

カンボジアのリアルタイムな情報を「ほぼ」毎日更新中!

カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。

[無料 ほぼ毎日更新]
カンボジアへ行く前の必読ブログ!お金のことはもちろん、食べ物や住まい、モバイル、防犯・安全まで、生活やビジネスに必要な「地味」だけど「大事」な情報を現地からお届けします。
ブログ閲覧はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい