fbpx

デート代は? 家計は? カンボジアの新婚カップルに聞いた「男女交際ご当地事情」

バブルはこれから?変わりゆくカンボジア人の恋愛観と消費意識

ボッコー山では、お二人に「ホントに結婚するまで、何もなかったの?」と何度も聞きましたが、やっぱり何もなかったようで、最後は少し鬱陶しがられました。7年の純愛、素晴らしいですね。

東南アジアには商売として身体を売る女性もいますから、今回、カンボジア人女性のこの貞操観念の強さと、男性の献身的な姿勢を「ちょっと意外」と感じた方がおられるかもしれません。

でも実際には、ほとんどのカップルがチャンリムさんご夫妻のように、清い恋愛を経て結婚に至ります。

ただこの数年、若者の恋愛観に少し変化がみられます。

イオンモールにて。バレンタインデーのメッセージボード

イオンモールにて。バレンタインデーのメッセージボード

例えば今年のバレンタインデー。プノンペン市内のホテルはどこも予約で一杯でした。

聞けば若い男性は「ここぞ!」とばかりにバレンタインデーに女性をホテルに誘うそうです。もちろんその思いを受け止める女性ばかりではありませんが、男性は一分の期待を込めて、事前にホテルを予約します。

年配層はこの変化を嘆き、若者に自制するよう働きかけてはいますが、その効果がどれほどあるかはわかりません。

そういえば、日本でもバブル期には、若者がクリスマスなどに高級ホテルを予約するのが流行りました。

カンボジアの経済成長はまさにこれからが本番。今後、カンボジア人カップルのお金の使い方にも大きな変化があるかもしれませんね。

チャンリムさん・サパーさんご夫妻 露店経営ほか
に景気アンケート!

ROJI_009_KH_010

あなたの景気は100点満点で何点?
旦那さん「100点。お金の心配はないよ。デート代の心配をしなくて良くなったしね(笑)」奥さん「自分の買いたい物を反対せず買わせてくれるし、80点くらいかな」

これから景気は良くなると思う?悪くなると思う?
「政府は最低賃金を上げると言っているけど、あまり期待はしていない。だから自分たちで一杯働いて、たくさん稼ぐんだよ!」

いまいちばん欲しいモノは何?
「(2人声を揃えて)それはやっぱり、子ども!」※ちなみに、いままで相手に貰っていちばん嬉しかったプレゼントは、奥さんはスマートフォン(約300ドル)、旦那さんは靴(約30ドル)とのことでした

路地ウラウォッチャー – げん 改め けん

日本で結婚して、たった半年でカンボジアへ単身渡航。彼いわく、結婚3ヶ月で奥さんのご両親に「カンボジアに行きます」と挨拶したことが、人生で最も緊張した瞬間とのこと。男にはやらなきゃいけない時があるとはいえ、本当に今だったのか!? それを証明する為にも、行け!「げん 改め けん」! 働け!「げん 改め けん」!!

カンボジアのリアルタイムな情報を「ほぼ」毎日更新中!

カンボジアの生活情報!地味だけど大事なこと。

[無料 ほぼ毎日更新]
カンボジアへ行く前の必読ブログ!お金のことはもちろん、食べ物や住まい、モバイル、防犯・安全まで、生活やビジネスに必要な「地味」だけど「大事」な情報を現地からお届けします。
ブログ閲覧はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい