fbpx

米軍による北朝鮮攻撃の兆候か? 内外情勢の「不可思議」を結ぶ点と線=斎藤満

なぜ?大林組に「あえて」東京地検特捜部のメス

国内でも気になることが少なくとも2つあります。

1つは内閣支持率が回復気味の中で、身内の中からも反安倍の動きが目立つようになったことです。岸田石破両氏はポスト安倍の候補と見られていますが、両氏以外にも安倍再選を望まない声が上がっています。内閣支持率と安倍支持率は別だと公然と批判する向きもあります。

また、先のリニア新幹線の工事大林組に地検特捜部の捜査が入りましたが、本来なら公正取引委員会の案件でもよい問題です。

それを、あえて東京地検という米国CIAとゆかりのある組織が捜査に乗り出したのは、JR東海と安倍総理にも飛び火しかねない問題を承知の上で、あるいはあえて意図して捜査に出たか。

米国にも反安倍の勢力がいますが、トランプ氏の弱体化に便乗して安倍おろしを画策している可能性もあります。

中曽日銀副総裁が謎の海外出張

もう1つ、日銀の中曽副総裁がこの時期に目的が不明な海外出張をしています。会議とか講演の予定も見られません。日銀のホームページにも載っていません。

この時期に」としたのは、そろそろ安倍総理官邸が、次期日銀総裁の人事に動く時期だからです。安倍総理は黒田日銀総裁を「信頼している」と言い、再選の可能性も伺えますが、交代する場合、財務省出身の黒田氏の後は、日銀出身者が良いとの声もあります。

一部にはポスト黒田としては、安倍総理に近いスイス大使の本田悦郎氏や元副財務官を務めた伊藤隆敏氏の名も挙がっていますが、日銀出身者ということになると、現副総裁の中曽氏、影の参謀、総裁の右腕とされる雨宮理事が有力視され、OBでは山口元副総裁、稲葉元理事の名も挙がっていました。

【関連】日本人が知らない「トランプ支持」の代償。エルサレム首都認定の何が危険か?=斎藤満

そこへ中曽氏が訪米して金融当局者や中銀の中銀と言われるBISを訪れたとすれば、国際金融市場に「中曽」の名を売り込むためとの指摘もあります。黒田総裁の口から、望ましい総裁像として、国際金融筋とのパイプの重要性が指摘されています。安倍総理が中曽副総裁を次期総裁として考えているとすれば、事前に彼の名を世界に売っておく必要があったとも言えます。

「本田総裁」なら一段とリフレ策強化が予想されますが、今の国際金融市場では必ずしも望まれていないように見えます。むしろ、「中曽総裁」なら、これまでの政策の延長で考えられ、国際資本との連携も図れる、との読みかもしれません。裏を返せば、それだけ日本の金融政策がG30など、国際資本の影響を受けやすくなる、ということでもあります。市場はますます金融マフィアの動きを追わねばならなくなります。

続きはご購読ください。初月無料です

image by:Alexander Khitrov | Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com

※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2017年12月15日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

・インフレ追及の危険性(12/20)
・日銀が動くなら最後のチャンス(12/18)
・不可思議の裏に潜むもの(12/15)
・制約強まるFOMC(12/13)
・生産性革命、人材投資政策パッケージを発表(12/11)
・米国に新たな低インフレ圧力(12/8)
・政府と市場の知恵比べ(12/6)
・長短金利差縮小がFRBの利上げにどう影響するか(12/4)
・原田日銀委員の「緩和に副作用なし」発言が示唆するもの(12/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

12月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

11月配信分
・中国リスクを警戒する時期に(11/29)
・会計検査院報告をフォローせよ(11/27)
・改めて地政学リスク(11/24)
・低金利で行き詰まった金融資本(11/22)
・内部留保活用に乗り出す政府与党(11/20)
・日銀の大規模緩和に圧力がかかった可能性(11/17)
・リスク無頓着相場に修正の動き(11/15)
・トランプ大統領のアジア歴訪の裏で(11/13)
・異次元緩和の金融圧迫が露呈(11/10)
・戦争リスクと異常に低いVIXのかい離(11/8)
・変わる景気変動パターン(11/6)
・日本的経営の再評価(11/1)

10月配信分
・日本の株価の2面性(10/30)
・FRBの資産圧縮が米株価を圧迫か(10/27)
・リセット機会を失った日銀(10/25)
・低インフレバブルと中銀の責任(10/23)
・フェイク・ニュースはトランプ氏の専売特許ではない(10/20)
・金利相場の虚と実(10/18)
・米イラン対立の深刻度(10/16)
・自公大勝予想が示唆するもの(10/13)
・中国経済に立ちはだかる3つの壁(10/11)
・自民党の選挙公約は大きなハンデ(10/6)
・当面の市場リスク要因(10/4)
・景気に良い話、悪い話(10/2)

9月配信分
・アベノミクスの反省を生かす(9/29)
・高まった安倍総理退陣の可能性(9/27)
・日銀も米国に取り込まれた(9/25)
・安倍総理の早期解散に計算違いはないか(9/22)
・日銀は物価点検でどうする(9/20)
・中国経済は嵐の前の静けさか(9/15)
・トランプ政権はドル安志向を強める(9/13)
・気になる米国の核戦略(9/11)
・日銀の政策矛盾が露呈しやすくなった(9/8)
・ハリケーン「ハービー」の思わぬ効果(9/6)
・北朝鮮核実験の落とし前(9/4)
・内閣府は信頼回復が急務(9/1)

8月配信分
・個人消費の回復に疑問符(8/30)
・あらためて秋以降の中国リスクに警戒(8/28)
・米債務上限引き上げかデフォルトか(8/25)
・利用される「北朝鮮脅威」(8/23)
・バノン氏解任でトランプ政権は結束できるか(8/21)
・日銀の「ステルス・テーパー」も円安を抑制(8/18)
・中国習近平長期政権の前途多難(8/16)
・北朝鮮の行動を左右する周辺国の事情(8/14)
・経常黒字20兆円強のデフレ圧力(8/9)
・日銀の物価目標が最も現実離れ(8/7)
・内閣改造効果に過大な期待は禁物(8/4)
・ユーロ悲観論が後退、なお先高観(8/2)
さらに以前のバックナンバーはこちら

【関連】暴騰するビットコインの未来をゴールドマンと「1%の富裕層」はどう見ているか?

【関連】相撲協会がひた隠す「白鵬のウソ」と口裏合わせ。貴乃花はいま何を想う?=山岡俊介

【関連】北朝鮮に舐められた日本が決して忘れてはならぬ「最強の戦略」とは?=北野幸伯

1 2

マンさんの経済あらかると』(2017年12月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい