「2018年ビットコインのマーケットリスクについて」

仮想通貨ビットコインの急激な価格変動により日々ビットコインの話題が騒がれているが、そろそろリスクを認識する時期に来たのかもしれない。2018年ビットコインのマーケットリスクについてCNBC(原文)が報じているのでその概要を紹介したい。

Bapis GroupのパートナーであるMichael Bapis氏によると、ビットコイン価格は上昇しているが一方でリスクが高まっているとの認識である。主な理由は以下の通り。

(1)ビットコインの上昇は短期的であるかもしれない。各国の政府は、既に仮想通貨業界の規制を検討し始めているため、仮想通貨を保有する投資家はリスクに晒されている。

(2)ビットコインの透明性に関する点が議論になっており、今後大きく変革する可能性がある。

(3)ビットコインの価格は、株価や債券と比較した場合、考えられない程の価格変動が見受けられる。投資家はビットコインがどのような資産か認識していない為に変動率が高まってしまっていると述べている。

(4)ドイツ銀行は12月上旬、2018年重要なマーケットリスクのリストに”ビットコイン クラッシュ”を公表した。

ビットコイン価格は、現在180万円前後で推移しているが、割安か割高の判断はビットコインの価値を判断する指標等がない為に、主観による判断が大きい印象を受ける。

専門家の間でも、ビットコインは更に上昇する強気な意見と下落するという意見の両方があるが、下落リスクをヘッジする為に現物買のみではなく信用や先物取引も検討する事も一案かもしれない。仮想通貨は未成熟な市場であるため、短期的には上昇下落を繰り返し、変化や変革を起こしながら中長期的に市場が成熟期に向かうだろう。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい