fbpx

富裕層に流行中「表に出せない金」を海外に逃避させる新手法とは?=森田朝美

今年からマイナンバー運用が強化され、海外送金のほか海外からの振込まで国に監視される状態となりました。それでも一部の富裕層には「表に出せない金」があるのは周知の通りです。彼らはどのように海外に資金を持ち出しているのでしょうか。(『投資初心者が1億円貯めるための海外投資のコツ』森田朝美)

※本記事は有料メルマガ『投資初心者が1億円貯めるための海外投資のコツ』2017年2月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:森田朝美(もりたあさみ)
Asset Plus代表/海外資産運用アドバイザー、CFP。証券会社、銀行、保険会社等の金融機関と上場会社での勤務経験を持つ。プロのファイナンシャルプランナーに自身で設計した資産運用プランを「完璧」だと評価されたことがきっかけで、資産運用アドバイザーへの道へ入ることに。これまで金融機関を通し、2,500名以上の資産運用アドバイスに従事。より多くの人に、円だけでない資産分散の必要性、将来のお金に対する不安を軽減してもらいたいという志のもと、現在フリーランスで、海外での資産形成のためのアドバイザーとして活動中。他、メガバンク等にて営業研修、セミナー講師としても稼働中。

何をするにもマイナンバー…そこで富裕層が目をつけた送金方法は

「アンティークコイン」を使った海外資金移動の流れ

今年からマイナンバーが強化され、海外への送金だけでなく海外から振り込まれる際にも、マイナンバーが必要となりました。また私自身が契約している海外積立ファンドの住所変更も、マイナンバーを知らせないといけない仕組みです。しっかり国に監視されることになりました。

とはいえ、一部の富裕層の方にとっては、「表に出したくないお金」があることは周知の通りです。

そんな富裕層の方たちが最近「海外に資金を持ち出す方法」として、どんなことを行っていると思いますか?それは、「アンティークコインに換えて海外に持ち出す」という方法です。

まず、日本でアンティークコインを購入する。物によっては、「1枚数百万円~数千万円以上」のものまであるそうです。そして、それを海外(香港やシンガポール等)で買い取ってもらって現金化するということをしているそうです。

確かにそのコインを財布に入れておけば、こっそり海外に持ち出すことは可能ですよね。さすがにそこまでは、税関でも見分けられないと思います。

とはいえ、気をつけないといけない点としては、「(その)アンティークコインが本物であるかどうか」「現金化したお金をどこの国の銀行に置いておくか」などがあります。

どちらにしても、そのような使われ方をしているため、最近では投資対象としてアンティークコインの値が上がっているそうです。

私のところにも、「アンティークコインの投資話」が来ました。興味がありませんでしたので、詳細は聞いていません。

何にでも「マイナンバー」が必要になってきた

話は戻りますが、証券口座を開設するにも、海外への投資をするにも、何にでもマイナンバーが必要になっています。マイナンバーカードをまだ申請していない人は、これから何かと不自由なことが起こります。

申請から取得まで3週間程かかりますので、お手続きは今のうちにされることをお勧めします。
続きはご購読ください

※本記事で割愛した2017年2月27日号の全文(「ある有料投資クラブで伝えている投資情報とは」「90万円で投資可能!カナダの土地開発案件」)をご覧になるには、3月分すべて無料の定期購読手続きを完了後に、2月分バックナンバーをお求めください。


※本記事は有料メルマガ『投資初心者が1億円貯めるための海外投資のコツ』2017年2月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】犯罪者曰く「今が一番アツイ」投資詐欺のこんな新手口にご用心=森田朝美

【関連】狙いは高齢者の資産。「マイナンバー詐欺」に騙される人、騙されない人=街

投資初心者が1億円貯めるための海外投資のコツ』(2017年2月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

投資初心者が効率よく貯めるための海外投資講座

[月額1,080円(税込)/月 毎月第2日曜日・第4日曜日(年末年始を除く)]
海外には日本では考えられない投資商品がいくつも存在します。ネットでは得られない情報をお伝えすることで海外投資についてぜひ知って頂きたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい