fbpx

本当に佐川氏が悪いのか? 森友問題「4人の容疑者」を投資家が見抜く=東条雅彦

結局、真相は不明である

森友学園に格安で国有地が売られた真相は、結局、不明なのです。仮説1~4のどれも決定打にかけます。もしかしてこの件については迷宮入りになる可能性が高い

ただ、財務省や麻生財務相が現在、出している情報には何か匂うものがあります。最も違和感があるのは時系列的な論理が破綻しているにもかかわらず、「佐川氏1人の責任」にしようとしている点です。

むしろ、決裁文書の改ざんに着手するきっかけになったのは、安倍首相の次の発言だったと考える方が自然です。

安倍首相「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」(2017年2月17日)

この2017年2月17日の発言が改ざんのきっかけであれば、2017年2月下旬から文章を改ざんしたとする財務省の発表と時系列的な辻褄は合います。

森友学園の決裁文書には安倍首相を含む多くの政治家の名前が登場していました。すべて削除しておけば、関係性を疑われる外形的な証拠はなくなります。

【関連】森友事件、海外では「アベゲート」と報道。米国なら大統領でも終身刑

一人の命が犠牲になってしまったことの意味

2018年3月7日、財務省近畿財務局で森友学園との国有地売買を担当していた男性職員が、神戸市内の自宅で自殺しました。

その男性職員は「決裁文書の調書の部分が詳しすぎると言われ上司に書き直させられた」「勝手にやったのではなく財務省からの指示があった」「このままでは自分1人の責任にされてしまう」等のメモを残していたそうです。(NHK)

そして、親族によると昨年夏、電話で「常識が壊された」「異動できずつらい」と漏らしていたそうです。(神戸新聞)

もう滅茶苦茶な話だと思います。明確な証拠はないし、真相が今後明らかになることはないでしょうが、状況証拠からすれば、森友学園への国有地売却に関して、普通ではないイレギュラーなことが行われたのは明白です。

もう関係していると思われる人間は全員、証人喚問にかけて真相を明らかにしなければ命を落とした職員が可愛そうだと思います。

日本はこういうことが起きない民主主義国家であってほしい。

行政はAさんもBさんもCさんも平等に扱うことが大前提のはずです。「Cさんだけをえこひいきしますよ」ということがまかり通ってはいけません。

民主主義の仕組みやルールを再整備する時期に差し掛かっているような気がしてなりません。

【関連】【大前研一「2018年の世界」】世界中が「低欲望社会化」する中、日本は美しい衰退に向かう

【関連】日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?=田中優

【関連】中国はなぜビットコインを潰しにかかったのか? 不都合な規制の裏側(前編)=高島康司

1 2 3 4 5 6 7

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2018年3月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい