fbpx

日銀はデジタル通貨を発行すべきか? 金融システムをひっくり返す影響力とは=久保田博幸

官製デジタル通貨の弊害は

南米ウルグアイの中央銀行はブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した「法定デジタル通貨」の試験運用を開始した。スウェーデン中銀による「eクローナ」構想、中国人民銀行による「法定数字貨幣」の計画、オランダ「DNBcoin」の開発、カナダの「CAD-coin」など世界各国で研究が進んでるとされ、日銀も研究は進めていると思われる。

しかし、現実的に我々が日銀に口座を持って、決済を行うということは技術的なものだけでなく、民間銀行の業務の在り方にも大きな影響を与えかねない。

歴史によって生まれた通貨制度の二層構造が、いまのところ金融経済にとってはベターなものであり、そこに利便性の面だけで、中央銀行がデジタル通貨を発行するとなれば、金融のシステムが大きく変化する可能性もありうる。

また、それによって効率的ではあるものの、個人や企業の資金の流れが一元管理されてしまうということにもなりかねない。

現状ではキャッシュレス化の流れは必要なのかもしれないが、そのために中央銀行がデジタル通貨を発行するということは、あまり現実的なものではないと思われる。

【関連】なぜ日本人は現金主義なのか?日銀レポートにみる国内キャッシュレス化の現状=久保田博幸


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

・デジタル通貨を中央銀行が発行すべきなのか(4/18)
・トランプ大統領はFRB副議長にクラリダ氏を指名(4/17)
・シリアへのミサイル攻撃に対し市場は冷静に受け止める(4/16)
・トランプ大統領に振り回される米国市場、いつまで続くのか(4/13)
・原油価格が3年ぶりの水準に上昇した要因とは(4/12)
・中国の習近平国家主席の発言で貿易摩擦懸念がひとまず後退(4/11)
・セブン-イレブンが独自のスマホ決済を導入するそうだが(4/10)
・日銀法改正から20年、新日銀法の目的を再確認すべき(4/9)
・米国株式市場に対して火に油を注ぐ、トランプ大統領(4/6)
・米国株式市場が乱高下した要因を探る(4/5)
・日銀の異次元緩和5周年、何が起きて今後はどうするのか(4/4)
・今年度の国債発行計画を再確認(4/3)
・日銀短観がピークアウトを示す(4/2)
※上記コラムのほか、毎営業日の朝と夕方に相場展望・解説が配信されます。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※4月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・4月以降の金融市場動向を占う(3/30)
・米国株式市場に大きな影響を与えているFAANGとは何か(3/29)
・昨年1月の国別の米国債保有状況(3/28)
・米国の関税引き上げに対する中国の報復はあるのか、米国債も人質に?(3/27)
・今後の原油価格の動向にも注意が必要に(3/26)
・トランプ・リスク再び、市場はリスク回避の動きを強める(3/23)
・年内の米利上げペースは維持か(3/22)
・2月の国債投資家別売買高、海外投資家は買い越しに転じる(3/20)
・金融政策による影響と認知的不協和(3/19)
・日銀の総裁副総裁人事が国会で承認へ(3/16)
・戦国時代に使われていたコインとは(3/15)
・物価は原油に左右されやすいと言う事例(3/14)
・債券先物取引は誰がしているのか(3/13)
・米雇用統計をきっかけに金融市場の地合い好転、日本は注意(3/12)
・サムライ債、ショーグン債、そしてカブキ債とは何か(3/9)
・3月21日のFOMCで利上げは決定されるのか(3/8)
・ドイツ、イタリア、そして北朝鮮と米国のリスクの行方(3/7)
・日銀副総裁で注目すべきは若田部氏ではなく雨宮氏(3/6)
・黒田日銀総裁の出口発言に債券先物が過剰反応した理由(3/5)
・米中貿易戦争も意識されて米株はさらに大きく下落(3/2)
・日銀が28日に超長期国債の買入を減額した理由(3/1)

【関連】マクドナルドは「日本をデフレ」と認定。日本人はますます貧乏になっていく=児島康孝

【関連】シリア毒ガス使用もその報復も「米国の自作自演」。ロシア悪魔化計画の結末は=高島康司

【関連】安倍昭恵夫人が経営する「ゲストハウス」建物は暴力団本家だった=山岡俊介

1 2

牛さん熊さんの本日の債券』2018年4月18日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー