fbpx

もはや投資対象と呼べないビットコインは、70万円割れからどう動く?=伊藤智洋

30万円台が下値の限界か

18年までの上昇の仕方を考慮すると、投機対象として、振れ幅のある動きを繰り返すとするなら、30万円台の17年9月の安値付近が下値の限界だと考えられます。

なお、ビットコインが投機対象として、今後、1年間で振れ幅の大きなジグザグを繰り返すと考えているわけではありません。

今後、投機対象として、ビットコインが存続できるなら、今年から来年にかけて上記の動きがあるということです。

ビットコイン日足

ビットコイン日足

そういう振れ幅の大きな動きがあらわれず、小幅に下げ続けるか、小幅なレンジでもちあいが続く場合、もう投資対象にも投機対象にもなっていないことを示します。

続きはご購読ください<残約2,000文字+動画・図版>

NY金期近は、6月25日以降の動きで本年全体の値動きが見えてくる

日経平均株価:17年11月以降のもちあいと、現在のもちあいの違い

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2018年6月24日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した全文(米朝首脳会談の展望、日経平均の今後のシナリオ)もすぐ読めます。

【関連】ビットコインの次に来る、ブロックチェーン×不動産のヤバい未来=高島康司

【関連】ソロスが狙う次の通貨危機。養分になるのが嫌なら「タイ株」を刮目して見よ=鈴木傾城

【関連】危険な夏がやってくる。米中貿易戦争の聖域「ハイテク株」が引き起こす大暴落=今市太郎

1 2 3

『少額投資家のための売買戦略』』(2018年6月24日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

『少額投資家のための売買戦略』

[月額1,078円(税込)/月 毎月第2・第4日曜日(年末年始を除く)]
値動きには理由があります。一般的に言われているような確率や、需給の変化を見るだけでは、先のことなどわかりません。確率論や、統計データ分析をやりつくし、挫折を味わった経験があるからこそ、理解できた値動きの本質を書いてゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい