fbpx

副業で稼いでる人は「開業届」を出すべき?読者の質問にFP・川畑明美さんが回答

開業届を出すメリットは、いっぱい!

開業届の提出の場合、収入が月3万円以上でしたら税制のメリットは大きいです。

  • 青色申告が可能
  • 経費計上できる
  • 屋号で銀行口座が作れる
  • サラリーマンの場合、副業が赤字だったら給与との損益通算可能
  • また、未提出でも罰則は、ありません。

ただし、専業主婦で年間38万円、サラリーマンで20万円を超えた場合、確定申告の必要がありますので開業届が未提出だと、上記のメリットが受けられないのはもったいないということです。

ちなみに、未提出で雑所得として処理しても問題はありません。

失業手当は貰えないので稼げてから独立

サラリーマンの副業の場合、副業の赤字を本業の給与と損益通算できるのは、ありがたいですね。

1点注意したいのは、サラリーマンを辞めて副業が本業になった時。もしも、それだけで生活できなくても、失業手当が貰えないということです。また、税制のメリットは高いのですが複式簿記つけるのは、大変です。

教育貧困にならないために』(2015年8月18日号、19日号)より一部抜粋
※太字はマネーボイス編集部による

1 2

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー