fbpx

このイラン制裁は甘くない。トランプが仕掛ける「原油高」で世界経済は大混乱に=江守哲

核合意存続の道はあるか?

EUと英独仏3カ国は、米国に対して書簡で欧州企業への制裁適用除外も求めましたが、米国側は拒否したとされています。

EUと英独仏は今後、イランからの原油輸入継続と効果的な金融取引の在り方を集中的に検討する方針ですが、簡単には結論は出ないでしょう。

石油禁輸も含め、より影響の大きい制裁を米国が発動する11月までに有効策を示せるかが、核合意存続へのポイントになりそうです。

世界経済はますます混乱へ

このように考えると、イランは弱体化への道に着実に進んでいるといえます。

イランの出方次第では、米国はさらに引締めを強めるでしょう。そのうえで、11月としている原油輸入の停止を速めるように、各国に依頼するでしょう。

そうなれば、原油価格は急騰するかもしれません。政治は混乱し、経済への影響も懸念されそうです。

これまでは北朝鮮問題、さらに米中貿易戦争が国際情勢における中心的な話題でしたが、徐々にその中身が変わってきていること理解しておきたいところです。

とにかく、米国が本気であることを理解しておくことが、このイラン問題でのポイントになります。

一方、北朝鮮問題はかなり端に追いやられています――

続きはご購読ください。初月無料です<残約9,000文字>

北朝鮮の大きな勘違い

石破氏が自民党総裁選に立候補

日本スポーツ界のしがらみ

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

8月配信分

  • 「米国の本気度を甘く見ない」(8/10)

いますぐ初月無料購読!

image by:Nicole S Glass / Shutterstock.com

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2018年8月10日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方は、バックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

7月配信分

  • 「まだまだ不安定さを演出する」(7/27)
  • 「米中間選挙までは結論出ず」(7/13)

2018年7月のバックナンバーを購入する

6月配信分

  • 「歴史が動いた」(6/22)
  • 「米朝首脳会談の方向性は決まっている」(6/8)

2018年6月のバックナンバーを購入する

5月配信分

  • 「米朝首脳会談の中止の裏側と実態」(5/25)
  • 「シナリオ通り、かなり先が見えてきた」(5/11)

2018年5月のバックナンバーを購入する

4月配信分

  • 「米朝首脳会談がクライマックス」(4/27)
  • 「米朝合意に向けて着々と進んでいる」(4/13)

2018年4月のバックナンバーを購入する

3月配信分

  • 「トランプ政権誕生の真実」(3/23)

2018年3月のバックナンバーを購入する

【関連】もう日本だけではやっていけない。外需頼みの日本経済にいよいよ黄色信号=斎藤満

【関連】海外メディアが日銀を完全無視へ。詭弁が通じず、黒田日銀がついに「敗北宣言」=近藤駿介

【関連】8月下旬のジャクソンホールで株式市場は大喜び? 無風のお盆は期待しながら休め=藤井まり子

1 2 3 4

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額864(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい