fbpx

メルカリ、株価低迷は買いなのか? 上場後初の赤字決算から読み解く未来=シバタナオキ

取扱高・売上・営業利益の推移

はじめに取扱高・売上・営業利益を見てみましょう。

02

取扱高は四半期ベースで1,000億円を超え、YoY+41.5%といまだに高い成長率が続いています。

03

売上は四半期あたり96億円でYoY+40%増。営業利益は△25億円となっています。

<日本事業の取扱高・売上・営業利益の推移>

04

日本事業を切り出して見てみると、四半期あたりの取扱高が961億円。YoY+38.4%でした。

05

売上は四半期あたり89億円でYoY+36.5%。営業利益は8億円で日本事業を単体で見ると黒字化しています。

06

このグラフがコストの内訳になります。今四半期は広告宣伝費が多く計上されており、営業利益が前の四半期に比べて落ち込んだ原因になっています。

また売上高に対する広告宣伝費の割合が前年度は48%であったのに対し、今年度は35%と下がってきていることも読み取れます。

Next: どうすれば黒字化できるのか? 今後の注目点は…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー