fbpx

ついに米国と中国は「新冷戦」へ。一番の被害者“韓国”を襲うダブルハリケーンとは?

韓国はどっちに付くのか?

このような毒薬条項が盛り込まれたことで、もっとも驚いているのはおそらく韓国だろう。

既に中韓FTA協定を締結しているので、いきなり何かこれが問題になるわけでもない。しかし、現在はちょうど米韓FTA再交渉を行っている最中である。仮にこの毒薬条項が入るなら、中国との貿易協定は今後、解消するしかなくなる

何かが急に起こるわけでないが、米国の長期的な中国封じを韓国が受け入れるのは非常に難しいだろう。なぜなら韓国は、米中の両国に対して貿易黒字を出している国だからである。

韓国の主な取引先は中国米国日本である。中国への依存度は26%と非常に高い。そう簡単に縁を切れるような数字ではないのだ。

中国にシフトしていけば、間違いなく米国から干されるだろう。そして、韓国にとって米国は安全保障上で欠かせない国だ。

近いうちに韓国は米中から「踏み絵」を踏まされることになる。

いつもの蝙蝠外交がどこまで通じるかはわからないが、苦渋の決断を迫られることだろう。

どう転んでも韓国経済を嵐が襲う

しかし、どちらを取るにしても、韓国経済にはダブルハリケーンである。

米中対立は韓国にとっては災いでしかない。中国経済が失速すれば韓国市場も投げ売りされる。

そういう意味では、先週KOSPIが2,300以下になったことは今後の株価にどんな影響を与えるのか。注目したいところだ。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2018年10月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2018年10月配信分
  • 341回「米中対立激化で韓国がダブルハリケーンに苛まれる」(10/14)
  • 340回「南北首脳会談で行われた平壌共同宣言は米国や国際社会に同意もなしで勝手に約束」(10/7)

いますぐ初月無料購読!

image by:Truba7113 / Shutterstock.com

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2018年10月14日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込313円)。

2018年9月配信分
  • 339回「絶望の韓国経済が生き残る道はあるのか」(9/16)
  • 338回「この先の韓国経済の展望が絶望的な4つの理由」(9/9)
  • >337回「韓国経済における本当の問題点は低所得者層を搾取し続けた自営業と零細中小企業にある」(9/2)

いますぐ初月無料購読!

2018年8月配信分
  • 336回「ムンジェノミクスで自営業の危機。雇用悪化の中、財閥グループは好調」(8/26)
  • 335回「まったく進んでいない非核化交渉。韓国は北朝鮮産石炭密輸で米国から激怒される」(8/19)
  • 334回「低迷する韓国自動車を猛追する中国自動車」(8/12)
  • 333回「韓国SK建設によるラオスのダム決壊は人災の可能性が高い(8/5)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
  • 332回「日本より最低賃金が高くなった韓国だが、雇用は過去最悪となる」(7/22)
  • 331回「自動車輸出減少、それでも賃上げと現代自動車の内外危機」(7/15)
  • 330回「米中貿易戦争が勃発!最終的に5500億ドル規模になるとも。韓国はどうなるのか」(7/8)
  • 329回「ロシア杯、韓国はファール数最多でグループリーグ敗退もドイツに勝利」(7/1)

2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分
  • 328回「米中貿易戦争勃発で板挟みの韓国経済!?最後の牙城はDRAM分野だけ」(6/24)
  • 327回「米朝首脳会談は失敗だったのか。米韓合同軍事演習が中止で韓国だけが窮地に!?」(6/17)
  • 326回「米朝首脳会談が目前に迫る!?果たしてトランプ大統領は金正恩を非核化させることができるのか」(6/10)
  • 325回「文在寅大統領、ムンジェノミクスによって32万人の失業者」(6/3)

2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分
  • 324回「トランプ大統領が米朝首脳会談をキャンセル!?次の日、予定通り6月12日開催予定と二転三転」(5/27)
  • 322回「米国からの輸入禁止を食らったZTEは今後どうなるのか」(5/20)
  • 321回「米朝首脳会談が6月12日、シンガポールで開催決定!韓国の板門店は外される」(5/13)
  • 320回「韓国GM労使が劇的妥結。法定管理申請は免れる」(5/6)

2018年5月のバックナンバーを購入する

【関連】この先も給料は増えない…。絶望する日本人をさらに泣かせる「労働分配率の低下」=斎藤満

【関連】世界中が「低欲望社会化」する中、日本は美しい衰退に向かう【大前研一「2018年の世界」】

【関連】中国当局がひた隠す本当の「GDP成長率」を、人工衛星と人工知能が明らかにする日

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2018年10月14日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい