fbpx

実はコストで損してる? それでも「貯蓄型保険」を検討すべき理由=田中徹郎

金融商品には、複雑な組み合わせで作られたものが多数あります。購入するにあたっては、その内容やメリットデメリットをしっかりと理解する必要があるのです。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

金融商品を買うときは、まず「源流」から考えてみる

投資信託や保険などの金融商品は何からできている?

金融商品には必ず源流があります。

たとえば株式投信の源流は株式ですし、債券型投信の源流は債券そのものです。源流に近いモノほどコストが安くて済み、逆に源流から遠ざかるほど、私たちが負担するコストは膨らみます。

たとえば「豪ドル建ての一時払い生命保険」について、少し考えてみましょう。この手の商品は豪ドルで最初にまとめて支払うと、例えば一定の据え置き期間のあと、毎年一定額の保険金が豪ドルでもらえるというタイプの保険です。

保険会社によってさまざまな工夫がされていますが、大筋では大差はありません。

この豪ドル建て保険の源流は、オーストラリア政府などが発行する超長期国債です。株や社債などを組み込めば、もっと高い収益率を加入者に約束できますが、逆に元本を割り込んだり、破綻するリスクが出てきます。ですから破綻する可能性が最も低い、国債が投資対象になるわけです。

ではこの保険のコスト構造は、どうなっているのでしょう。仮に組み入れたオーストラリア国債の利率が、年あたり4%だったとすればどうでしょう。もちろんこの生命保険の加入者は、まるまる4%の収益を得ることはできません。

たとえば、保険会社で働く従業員のお給料や社会保険料、保険会社が支払う水道光熱費や立派なオフィスの賃借料、宣伝広告費…これらを支払ったうえで、さらに保険会社の利益も確保しなければなりません。

保険などの種類によっては、源流の段階数も変化する

この保険が保有している国債の利息から、このような経費や利益など差し引いた残りが、保険契約者に支払われることになるわけです。それでもこのような外貨建て一時払い保険はまだマシなほうで、例えば変額年金保険の場合はもっと源流から離れています

変額年金保険は投資信託の集合体で、保険加入者はその集合体に投資するという構図ですが、その投資信託ですら源流ではありません。投資信託は株や債券などを組み入れていますので、源流をたどれば「株や債券」に行き着きます。

つまり加入者から見ると、源流である「株や債券」たどり着くまでに、「加入者」⇒「変額年金保険」⇒「投資信託」⇒「株や債券」という具合に3階層もさかのぼらなくてはなりません。

これに対し先ほどの豪ドル保険の場合は「加入者」⇒「豪ドル保険」⇒「オーストラリア国債」でしたので、さらに階層が一つ増えた勘定です。

あたりまえのことではが、階層が一つ加わるごと、そこに携わる会社が一つ増えますので、私たちが負担するコストは増えます。

Next: 川下にある金融商品が必ずしも不利ではない理由

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい