fbpx

安倍首相の新アベノミクス会見で感じた3つの期待と1つの疑問符=FP・落合陽平

安倍首相は9月24日の記者会見で「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」を掲げる新アベノミクスを打ち出しました。ファイナンシャルプランナーの落合陽平さんは、この会見を受け、3つの「さらに期待したいこと」と、1つの「疑問符」を挙げています。

新アベノミクス会見で感じた疑問と期待

新・旧「3本の矢」の違いは所得再分配にもフォーカスしている点

安倍晋三首相は24日、自民党本部で記者会見し、新たな「3本の矢」の政策で全ての人が活躍できる「1億総活躍社会」を目指すと表明した。

経済最優先の姿勢を鮮明にし、具体的な目標として名目国内総生産(GDP)を600兆円に増やすと明言。雇用や所得環境の改善をさらに進め、確実にデフレ脱却を実現する意向を示した。

新3本の矢は、1)希望を生み出す強い経済、2)夢を紡ぐ子育て支援、3)安心につながる社会保障――で、「介護離職ゼロ」のほか、出産を望む女性のみを対象に算出する希望出生率を1.8まで引き上げる目標などを打ち出した。(後略)
出典:安倍首相、新3本の矢で「1億総活躍社会」 GDP600兆円目標も表明(Reuters)

自民党総裁選後、初めての記者会見で、安倍総理は「新3本の矢」を発表した。改めてこの「新3本の矢」を掲載すると、

  1. 希望を生み出す強い経済
  2. 夢を紡ぐ子育て支援
  3. 安心につながる社会保障

となり、具体的には

  • 国内総生産(名目GDP)600兆円の達成
  • 希望出生率1.8の実現
  • 介護離職ゼロの実現

を掲げている。これまでの旧3本の矢は、金融緩和、財政出動、成長戦略という経済全体のパイ(GDP)を上げることにフォーカスを当てていたように見えるが、今回はパイを上げることに加え、再分配にもフォーカスを当てている。子育て支援や介護にかかわる社会保障の充実は、まさにパイをどう切り分けるかという話である。

「デフレ脱却目前」発言には疑問符

さて、この新アベノミクスに関して、各界からは賛否両論、具体性がない等、党内でも分かれているという噂もある。私自身、名目GDPを600兆円にするとか、出生率を上げるとか、もちろん大賛成ではある(これを反対する人はいない)が、今回の記者会見で安倍総理が放った一言に、正直凍り付いてしまった。

『(経済情勢は)もはやデフレではない状態まで来た。デフレ脱却は目の前だ』

どこが!?と思わずツッコんでしまったが、何を持ってしてデフレでない状況といえるのか。もしかするとデフレという定義の問題なのかもしれないが、それにしてもこの謎の前向き発言には正直ショックである。

消費者物価指数(平成27年8月)※前年同月比
総合指数 0.2%
生鮮食品を除く総合 -0.1%
食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合 0.8%

確かに消費者物価指数はプラスに転じているため、明確に「デフレである」とは言いにくいとは思うが、デフレ脱却が目前だとは思えない。

新アベノミクスでさらに期待したい3つのこと

実質GDPの成長率は下降気味であるし、実質賃金の伸びも悪い。新アベノミクスでやるべきことは、個人的に以下の3つであると思われる。

  1. 追加の金融緩和
  2. 10兆円規模の補正予算
  3. 日銀目標の再明確化

『日本銀行は、2013年1月に、「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現するという約束をしています』

これは日本銀行のHPに掲載されているものであるが、「早期に」という期限を再度明確にするべきであろう。2年程度と言っていた気もするが、すでに2年は経過しているし、本当に2%を目指すのであれば、追加の金融緩和は避けられないと思う。

そして、内閣改造を近日に控えている新安倍内閣において、最大の目玉は補正予算であろう。巷では3兆円規模との観測が大きいが、できれば内閣府の統計を見ても需給ギャップの推定とみられる10兆円規模の補正予算を目指してほしい。

対中国、対ロシアにおいても、経済がすべてである。中国、ロシアは経済にガタが来ているため、強気に出ているというのは自然な見方だし、新アベノミクスには大いに期待したい。

【関連】安倍首相は歴史を変えられるのか?「GDP600兆円」後の経済シナリオ

落合王子のマネーアカデミー』2015/10/5号より抜粋
※太字はマネーボイス編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

落合王子のマネーアカデミー

[月額540円(税込) 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
これまで1000世帯以上のライフプランニングを手掛けてきた若手ファイナンシャルプランナー「落合 陽平」がお届けする”お金”と”経済”のはなし。
フラットな立場で、ライフプランに役立つ情報から、世界の政治経済まで、「誰にでも分かりやすく」をモットーに、独自の視点で「お金」の本質を解いていきます。
学生から今一度勉強したい大人まで、これを読めばニュースの本質が分かる! ご購読はこちら!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい