fbpx

米中間選挙「ねじれ議会」誕生で、トランプとグローバル企業の潰し合いが始まる=児島康孝

注目されたアメリカ中間選挙は、上院は与党・共和党が過半数維持、下院は野党・民主党が過半数を8年ぶりに取り戻す形となった。ここからトランプは難しい舵取りを迫られる。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

勢いがある民主党と、激戦区を押さえた共和党。争いはこれから…

「ねじれ議会」誕生へ

大統領選並みの激しい戦いとなった、アメリカの中間選挙。速報値をもとに解説したい。

<下院は野党「民主党」が勝利>

CNNによると(日本時間11月8日 0時現在)下院は民主党222議席・共和党199議席(議席数435議席)。ABCによると、民主党223議席、共和党201議席。

過半数は218議席なので、民主党が過半数を超えている

下院は人口に比例して議席が割り当てられており、獲得議席をアメリカ合衆国の地図で、色分けして「面積」で見ると、トランプ大統領の与党・共和党が圧倒的に多い。

つまり、人口密集地で民主党が勝っているというわけだ。

トランプ大統領は終盤でかなり追い上げてきて、もしかすると下院も過半数をとるのでは?と思われた。しかし、そこはなかなか厳しかったということになる。

<上院は与党「共和党」が勝利>

同じくCNNによると(日本時間11月8日 0時現在)、上院は民主党45議席・共和党51議席(全議席は、100議席)。

上院は、3分の1ずつ改選される。そのため、共和党は今回、改選がない42議席を占めていて有利であった。

しかし、ご覧のように、時間が経過しても、あまり、共和党の議席が伸びていない。過半数(50議席)は、超えたものの、どんどん議席を上乗せするほどではなかった。

トランプ擁する共和党は激戦区で勝っている

一方で、トランプ政権の共和党は接戦をものにしている。

大統領選挙の共和党指名争いでトランプ氏と激しくののしり合いをしていたクルーズ上院議員(テキサス州)は、トランプ大統領のテコ入れを受けて再選。一時は再選が危ぶまれていた。

また、注目のフロリダ州知事選でも、共和党が勝っている。州知事選挙はあまり目立たないが、その後の国政選挙の区割りを決める際に、押さえていると極めて有利なポジションである。

全体としては民主党が勢いがあるが、要所は共和党も押さえている。このような選挙結果になっている。

Next: 中間選挙前に大事件が頻発/反トランプ・キャンペーンに莫大な広告費

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい