fbpx

日経平均はこのまま反発上昇が続くのか〜株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ナスダック このまま上値が重たくなっていくのか否か

gazou3

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れとなるのか否かがポイントになったからだ。実際には、ほぼB点が位置している時間帯に戻り高値を示現した後、下落に転じている。次の注目日は11月13日前後である。

今週のポイントはこのまま上値が重たくなっていくのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。堅調な展開を維持していくのであれば、再び右肩上がりのBDラインに引き寄せられることが求められるからだ。そして、7600ポイントに乗せていくことが考えられる。しかし、BDラインに引き寄せられないのであれば、CEラインに引き寄せられることが考えられる。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの上昇局面

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は買いポジション。売りポジションへの変更は、7250ポイントを終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
底堅い動きを維持している。上値抵抗線であったBCラインを超えてきている。また、先週末のローソク足が下ヒゲの長い足になっている。そして、C点が変化日となり、再び上昇に転じていることが考えられるからである。この場合、BDラインに引き寄せられ、7600ポイント台に乗せてくることが考えられる。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開が鮮明になっていく可能性もある。一度超えていたABDラインを割り込んでしまった。しかもB点が位置する時間帯より下落に転じているからである。

続きはご購読ください。初月無料です

今週の個別銘柄分析(1銘柄)

今週の仮想通貨:ビットコイン

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年11月11日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛したビットコイン・個別銘柄の展望もすぐ読めます。

【関連】来年10月に襲う「消費税10%」地獄、生活を守るたったひとつの冴えたやりかた=鈴木傾城

【関連】2022年までに日本経済は破綻する。アベノミクス成功でも終焉でも未来は同じ=高島康司

【関連】「貯金をしなさい」はもうやめよう。学校では教えてくれない子どもの金銭教育=午堂登紀雄

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年11月11日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

[月額10,780円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円などを話題のペンタゴンチャートで毎週分析します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい