fbpx

男前ザッカーバーグ「5兆円寄付」の仰天スキームと秘めたる志=冷泉彰彦

長期的かつノンプロフィットなFBの存在意義~プリシア夫人の想い

更に、プリシア夫人の想いというものもあると思います。

プリシラ・ザッカーバーグ(旧姓はチャン)という人は、マサチューセッツ州の生まれで、父母は広東系とベトナム系です。

ハーバードで夫と同窓であった彼女は、ハーバード卒業後は、UCサンフランシスコ医科大学院を修了し、研修医も終えている医師です。

今回母親になった彼女としては、医師の観点から、そして母親の観点からも将来の人類における「健康」の問題は大きなテーマになっているのだと思います。

この「健康」というキーワードに関しては、例えばFBのユーザー人口が高齢化していく中で、FBのサービスの中でも重要になってくる可能性がありますし、同じITの巨人企業であるアップルが、「医療・健康産業」という分野を中長期的な経営の柱として位置づけるような動きを見せている中で、FBとしては高い関心を払っているのだということもありそうです。

そして、教育にしても健康にしても、利益追求型のFB本体で取り組む部分だけでなく、純粋にNPOとして取り組むしかない長期的、そして正に「ノンプロフィット(非営利)」的なテーマであるわけで、巨大NPOを立ち上げて行くというのは、実際にFBという会社としては理に適っていると言えます。

いずれにしても、単なる慈善事業でもなければ、節税策でもない、もっとスケールの大きな取り組みとして、この「チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブ」には注目していきたいと思います。

【関連】FRBの「無慈悲な利上げ」を市場が悟る時、悲劇的なマネー逆流は始まる

【関連】安倍政権は早くも参院選モード~最後の切り札は日銀サプライズ緩和か?

【関連】「人をお金に依存させる」ベーシックインカムの問題点と貧困解決の重要点=田中優

【関連】中国は沈むのか?昇るのか?米国vs多極主義陣営の戦いが示す未来=北野幸伯

1 2 3

冷泉彰彦のプリンストン通信』(2015年12月8日号)より一部抜粋
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

冷泉彰彦のプリンストン通信

[月額864円(税込) 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日]
アメリカ北東部のプリンストンからの「定点観測」です。テーマは2つ、「アメリカでの文脈」をお伝えする。「日本を少し離れて」見つめる。この2つを内に秘めながら、政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報をお届けします。定点観測を名乗る以上、できるだけブレのないディスカッションを続けていきたいと考えます。そのためにも、私に質問のある方はメルマガに記載のアドレスにご返信ください。メルマガ内公開でお答えしてゆきます。但し、必ずしも全ての質問に答えられるわけではありませんのでご了承ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー